FC2ブログ
ブログ書いている人

リョウ

Author:リョウ
性別:男(28)
出身:岩手県盛岡市
2014年5月25日に日本を出発し世界一周中。
カナダでのワーホリを終えて、現在50カ国目のアメリカ!

応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
リアルタイム情報も発信してます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ランキング

知られざるプラハ城の人気者

DSC_3234


今回はプラハ一番の見どころ、"プラハ城"に潜入です!


カレル橋のたもとから見える城の存在感はさすが!の一言。


DSC_3025
(突き出てますね。城)


800年代に建てられたという


この城はギネスブックで最も古くて大きな城ってことになっているみたい。


世界一の古城。かっこいいですね。


これまでの王様やローマ皇帝、現在は大統領の居城として使われていて


敷地は東西に400メートル余り、南北に100メートル前後と


もの凄く細長い!


旧市街側から多くの人が行き交うカレル橋を渡っていくと


徐々に右側に見える城がおおきくなってきます。


ワクワク感はんぱない!


城の入り口は橋を渡りきり坂道をのぼり切った広場にあります。

DSC_3092
(坂道の途中にあったマリオネットの店。なんか、こわい)

ここが

城の入り口
DSC_3112

大統領府が置かれている場所だからなのか。


なにかを訴えている人もいました。


あと、入り口にはまったく動かない兵隊が2人。


人形かと思ったけど、人間でした。


お疲れさまです。


DSC_3109
(あっこれは像ですよ!)


門をくぐってすぐ目の前に現れるのが


典型的なゴシック様式っていう、これ!

DSC_3121

聖ヴィート大聖堂


高すぎ!


見てるだけで首が痛い。


二本の塔は82メートル!


そして


このメーンタワーは99メートル

DSC_3177

メーンタワーの展望台は登ることが可能!


料金は750円。


迷いました。


でも、プラハの観光ではお金使ってなかったし


なんだか城の前にあった銅像見てたら勇気がでてきたので


のぼりました!

DSC_3174
(僕を鼓舞してくれた銅像!さあ行こう、750円のむこうへ)


チケット買うとちょっぴり嬉しい記念コインがついてきます!


でも、その嬉しさはすぐに消し飛びます。


なぜなら。。。


300段くらいある長〜い螺旋階段が待っているから。


休憩する場所がないから


フィレンツエのドゥオーモよりキツかった。


ただ、その分


てっぺんから望む景色は圧巻ですよ!

DSC_3207

DSC_3220

歌わずにはいられない。


ボヘミアの川よ〜 モルダウよ〜♬



やっぱり川や、海がある街は良いですね。


おもむきが違いますね。

DSC_3258


大満足だったんで、絶対のぼることをお勧めします。


次は無料で入れる教会内へ。


DSC_3152


DSC_3259



DSC_3139
(教会入り口のレリーフ)

DSC_3270


教会内も外観から予想できる通りにめちゃめちゃ広い!


そしてガラスがすごい綺麗です。

DSC_3285

DSC_3280

これだけでも


ダイダイダイダイ大満足できる美しいお城なんですが




周囲を少し散策していると



このお城らしからぬ人気者を見つけました。





それは敷地内にあるおもちゃ博物館前にいました。

DSC_3294


の前には


当然のように人だかりができてました。


DSC_3305


なぜか、みんなニヤニヤと笑っています。


いやニタニタか。


そりゃあそうです。


だって

DSC_3306


まるみえじゃないかーい!!


っていうか、なんでそこだけ金色なんですか?


プラハ城という気品ある場所で。。。


おもちゃ博物館の前になぜこれがあるんだろうか。



しかも


観光客の方々!!

DSC_3298


触りすぎじゃないですかーー!!


なにこれ?


なにかご利益があるんでしょうか?


もしかして観光客が触りすぎて変色したのかもしれません。


まあ


はっきり言って


城の展望台より


美しいステンドグラスより


集まっている人多かったです!!


タイミングかな?


WHY!?


まあプラハ城に行かれたら、ぜひ寄ってみてください。


なにかご利益があるかもしれない。




さて


定番から珍スポットまで堪能したプラハ城を後に



次はポーランドに向かいます!


目的地はアウシュビッツ強制収容施設の玄関口、クラクフ。


スクリーンショット 2014-10-26 5.43.18


なんかこの投稿のあとに


アウシュビッツのこと書きづらいのは気のせいでしょうか。


最後まで読んでいただき

大変ありがとうございまーす☆

ブログランキングに参加中です!!
クリックお願いします♬

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサーサイト



おとぎの国を支配するモグラ

DSC_3045
 

記念すべき20カ国目はチェコ共和国


首都プラハに到着です!


プラハと言えば「童話の世界」「おとぎの国」


こんな風に呼ばれたりもしますが


僕は内心信じていませんでした。


でも実際歩いてみたら。。。


もの凄く


メルヘーン!

DSC_2885
(おいおい変なキノコがあるぞ!)


アラサー男ひとりで来ちゃダメなやつですね。


"おれ、完全にこの街から浮いているな"


そう思いながら有名なチェコ
ビールを片手に歩いた


街の魅力を今回は紹介させてください!


まあ一番魅力的だったのは安くてうまいビールなんだけど。


チェコってビールの個人消費量世界一なんですって!

日本人の3倍以上!しかも20年連続トップ!素敵だ
(キリンビールのレポートはこちら

DSC_2913
(チェコビールのコゼル。チェコ語で山羊って言う意味。スーパーだと100円切るお値段。とうぜんウマシ)


まずは①街並み


プラハ本駅っていう玄関口となる大きな鉄道駅から


旧市街側に向かうと見えてくるのが


高さ65メートルのでっかい入り口


火薬塔

DSC_2921

これは予想よりデカい!


そして立派です。


昔火薬置き場として使われていたそうで


ゴシックとルネサンス様式の両方を取り入れて造られているみたい。


まあ、様式言われても見分けられないけど!


門の下にはレトロ車も。

DSC_2923

門の隣にデン!とたつのが


市民会館


DSC_2919

ここはチェックしてなかったので


壮大な建物が2つ並んでて驚きました。


目ん玉飛び出るかと思いました。


絵本の世界なだけに。。。



火薬門をくぐり、細い街路を進むと

DSC_2949


たどり着くのが多くの人が集まる旧市街広場


DSC_2966


これは後で触れるけど、ここには変な人がたくさんいるし


出店も並んでいてお祭り会場のよう。


長時間いても、ゼンゼン飽きない!


腰を下ろしてゆっくりしたくもなります。


DSC_3531


広場の一角。いつも写真を撮るための人垣ができているのが


天文時計

DSC_3486


DSC_3357
(定刻になると4つの彫像が動いて、鐘が鳴る仕組み)


広場を抜けて東に向かうとモルダウ川にぶつかります。


そこにかかっているのが


全長515メートルの石橋


カレル橋

DSC_3021


DSC_3051


ここから先に進むと


世界でも有数の大きさを誇るプラハ城があります。


でも、それは少しあとまわしにして



次は②住民


人が行き交うカレル橋と、旧市街地広場にはいろんな人がいます。


音楽家

DSC_3074
(心地よい音色♬楽しくなっちゃいますね)

画家
DSC_3036
(ゴーレムみたいな人を描いてました。ちょっと笑ってしまった。すると、僕のとなりにモデルがいました。失敬)


全身真っ白な方


DSC_2996
(この人は人気ものでした。理由はふめい)


さらに…


DSC_3362


さっきまで誰もいなかった場所に死神


1分間に1回くらい"チリンチリン"と鐘を鳴らします。



コワ!



でも意外と

DSC_3366


子どもたちに人気!


なんででしょう!?




そして、忘れてはいけないのが


この国を象徴する③おもちゃ人形

DSC_2982
(そんなに飲ませたいのか?兵隊君)


有名なマリオネットも、もちろんたくさん。
DSC_3097


ガラス細工もオシャレ!
DSC_3445

DSC_2985


おもちゃ人形たちが綺麗にかざられた


かわいいショーウインドウも至る所で目にすることができます。

DSC_3086


DSC_2943


みなさん


なにかこの2つのショーウインドウの中で


明らかに異彩を放っている人形があるんですが。。


わかります?


DSC_2937
(そうか!君は分かったか!さすが)

それが



こいつです!

DSC_2999

このモグラ!


たいていのオモチャ屋のショーウインドウを支配してます。

DSC_3002
(世界中で知られるシンプソンも彼らに挟まれて、この表情)


そんな


プラハの子どもたちの心をがっちりつかんで離さないという


国民的人気キャラクターが


クルテク


「クルテク〜もぐらくんと森の仲間たち〜」というアニメの主人公で、


チェコの子どもはみんな彼を見て育つらしい。


1957年に製作されたとか。めっちゃロングセラー。


日本でいうドラえもんとかそのレベル。


どういう声だすのかな〜と気になったけど基本しゃべらないらしい。


クルテクの人形をお土産に買おうと思いましたが


高かったのでやめました。


旅行者には優しくない!




最後はこれも有名!④夜景


少しずつ陽が落ちて
DSC_3383


旧市街広場はこんな感じになります。


雰囲気あります。
DSC_3442


カレル橋とプラハ城もライトアップされます。
DSC_3456

こんな景色が広がってると


歩きながら飲むビールの量も増えますね。



まあ簡単ですが、今回はこんな感じ。


プラハ城については次回!


最後まで読んでいただき

大変ありがとうございまーす☆

ブログランキングに参加中です!!
クリックお願いします♬

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ