FC2ブログ
ブログ書いている人

リョウ

Author:リョウ
性別:男(28)
出身:岩手県盛岡市
2014年5月25日に日本を出発し世界一周中。
カナダでのワーホリを終えて、現在50カ国目のアメリカ!

応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
リアルタイム情報も発信してます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ランキング

喜望峰で考えた。旅で何かが変わるのか。

DSC_1017.jpg 

エジプトのカイロから7250キロ。





自分の場合、スーダンを通ってないから


エチオピアのアディスアベバから5000キロ以上


バスを乗り継ぎ、ついに来ました。


アフリカ最後の目的地


ケープタウンから南に50キロ、ケープ半島の先端にあたる


喜望峰

 
IMG_0854.jpg 
(喜望峰への入り口)

喜望峰 



ナミビアからケープタウンに入った時


別に最初にここに来て、


後でテーブルマウンテンだって


ペンギンだって良かったわけなんですが


気持ち的に"最後は喜望峰で"ってのがありました。


なんでなんでしょうね。


締めくくりってのが似合う場所なんだと思います。


にもかかわらず、


いざ、着いてみたら

予想外の看板。

まだ、午前中だけどね。

「CLOSED」


DSC_0989.jpg 

寝耳に水とは、まさにこのことを言うんですね。


閉まった理由は火事


日本でもニュースで取り上げるほど大規模な山火事が


この時ケープタウンで起きていたんです。


ここに来るまでほとんど気がつかなかった。


住民300人が避難する事態だったとか。


おいおいおい。

このタイミングで!?


仕方がないことと思っていても落胆してしまいます。


でも諦めたら試合終了。

とりあえず聞いてみるだけ聞いてみよう。


「入れる?」


ゲートの係員からは思わぬ回答が返ってきました。

「通って良いよ」




え!?

良いの?


「危ないって注意はしたからね」

ああ。

これは海外でよくある

自己責任ってやつだな。




・・・・


「行かない」という選択肢はありませんでした。




喜望峰を見ずには終われない。

南米には行けない。




ゲートをくぐると、

バブーンというサルがいて
IMG_0861.jpg 



IMG_0859.jpg 



さらに進むと駐車場がありました。

ここから喜望峰に向かいます。

DSC_1015.jpg  

喜望峰までの遊歩道は

4人とも口数が少なくなってました。

アフリカ縦断の達成感に浸ってたんかな。

ただ疲れてたのかな。

それは分からない。


でも少なくとも僕には達成感がありました。

これまでアジア、ヨーロッパ、中東で感じたことのない不思議な感じです。







考えてみれば

今でこそ"アフリカ縦断"とか意気がって言ってますけど

当初はそんなつもりなかった。

エチオピアとケニアだけでいいよ。

いや、ケニアすらも怖い。

アフリカと言えば

マラリアも

犯罪も

危なそうだし。

縦断などもってのほか。自分には無理だろ。

そう思ってました。



DSC_1019.jpg 

でも思いがけずに

航空券を取り忘れ、

縦断を志す仲間と一緒に行動する内に

無事ここまでたどり着くことができた。





DSC_1005.jpg 

振り返れば

縦断って言っても

別にバス乗り継いでいるだけだし

ただ移動するだけのことだから

何のこともない。

資金と時間さえあれば

誰だってできる。

IMG_0886.jpg 



そんなことは分かっているけど

なんだろう。この感じ。

マラソンを走り終えたような、山に登頂したような。

できないと思ってたことができる。

自信がついた気がする。

いや、ついた。

DSC_1055.jpg 

旅して「自分が変わった」のを

これほど肌で感じるのは初めて。




「旅して何が変わるん?」

「何か変わったの?」


よく聞かれる質問。

それまでは「分からん」って感じだった。

むしろ、変わらないでしょって言う側だった。


でもね。

変わるわ!


そりゃあそうだ。

見たことない景色を見て

会ったことのない人と会って










変わらないわけがない。


ネパールで会った旅人が

「絶対変わっている。旅している時は分からないです」

って言ってたのがしっくりくる。


そもそも普通に生活しているだけで。

数ヶ月も

1年も経てば

いろいろなことが起きて変わるんだから。


肝心の何が変わるか、は自分次第だろうけど。




まあなんだかよくわからなくなってきましたが


心底


アフリカに来て良かったです。






IMG_0894.jpg  



読んでいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加中です。
良かったらクリックお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト



そうかペンギンは空を飛びたいのか。え?そうなの!?

IMG_0844.jpg  

どーも。


動物占いはコアラ、星座は射手座の楽天家です。


なんだか最近、日本では12星座占いがブームらしいですね。


ニュースのまとめサイト開くとそういうのがよく出てきます。




「何座ですか?」


なーんてあんまり聞かれたこともないけど、


そういう会話で満ちてるんかな。


ちなみに僕の射手座なんですけど

占いに書いてあることがぶっ飛びすぎている。


相当の短気

思ったことをストレートに言い過ぎる

基本的に「ま、いっか」の精神




ヒドいもんですよ。

そんなにテキトーじゃないです。

最後のやつはちょっと似てますけど。

まあ、身も蓋もないことを言うと

僕は占い、信じませんけどね!


さて、

話をケープタウンに戻します。


テーブルマウンテンを満喫した翌日は


4人で車をレンタル。


ドライブ中に飲むためのコーヒーを持って

IMG_0788.jpg 
(日本クオリティー!うまし)

お待ちかねのペンギンに会いにいきました。


ケープタウンに行けばペンギンが見れる。


そんなイメージがありましたから。


楽しみです。


このあたりに生息するアフリカペンギンのコロニーがあるのは


中心部から車で30分ほど離れた場所にある


ボルダーズビーチ



DSC_0868.jpg 

駐車場から入り口までは


良い感じの遊歩道を歩いて進みます。

DSC_0872.jpg 

横に目をやると、木々の中にボトルみたいなもんが置いてありました。

1つ1つに番号がふってある。

ペンギンの巣かな?

何もいなそうだけど...

DSC_0884.jpg 

う〜む。

ちょっと考えていると


さっそく先頭を歩いていたもえさんが何かを見つけたよう。

「いたー!いたー!」

目を輝かせてます。

DSC_0892.jpg 

そして...


あっさりと、いた

DSC_0896.jpg 

ペンギン!

DSC_0900.jpg 

期待通りの愛くるしさ。

鳥人気ランキングでも上位間違いなしです。

彼らは人間に慣れているのか

近づいても逃げません。

動じません。

カップル!?夫婦も

IMG_0809.jpg 

というか、

なんかイメージしていた場所と違うところに暮らしてるんですね。


岩場やビーチじゃなくて、こんな"森"みたいなところ。


やはり、さっきのは巣なのか。


ボトルの前に座り込むペンギンもいました。


なんか...警戒されてます。


DSC_0911.jpg 

こっちを見ないで下さい!

とりあえず、言っておこう。




周囲には

世にも奇妙なカラフルなペンギンも…

DSC_0908.jpg 

ペンギンじゃない。


カラフルで綺麗!って思ったけど





よく見るとちょっと怖い。


鳥の名前を調べることもしたくありません。



さらに進むと

イメージ通りのペンギンの住処がありました。

岩場に

DSC_0924.jpg 

ビーチ!

DSC_0958.jpg 

IMG_0841.jpg 

いるな〜。

しかし、いる。いる。ペンギンが!

さすがはペンギン。

オットセイのときと違って

たくさんいても不快になることはありません。

まず、においがあんまりないからね!

DSC_0938.jpg 

このビーチって実は結構すごくて

世界で唯一

ここまで接近して野生のアフリカペンギンを見ることができる場所らしい。

ほんと目と鼻の先だもんね。

やろうと思えば触れるレベル。



ペンギンは


子ども→大人になるにつれ羽の色が黒くなっていくみたい。

大人

DSC_0965.jpg 

子ども

DSC_0952.jpg 

子どもは寒そうにしてあんまり動かない。

かわいいですね。

DSC_0959.jpg 

さて

ペンギンって言われてみなさんは何を思い浮かべますか?

僕はね。

この人。

DSC_9630.jpg 

「旅から広がるー」のマサヤくん


あっマサヤくんは右の人です。

左は美容師の人です。


顔がぶれているのは、

もののけ姫のこだまのマネをしているためです。

僕はこのときショウジョウのマネをさせられました。

苦い思い出です。


ヨーロッパを一緒に旅した時に言ってたんだけど


彼が一番なりたい鳥は

ペンギンなんだって。

へえ〜


3へえ〜くらいあげておこう。





そうか、

確かにマサヤはペンギンに似てるもんな〜。

ペンギン系男子だもんな。



大切なのはその理由!


確か

「飛びたいけど、飛べない。

でもいつか飛べると思って努力するペンギンのような向上心を持ちたい」


すごい!意欲の塊だ!


これを聞いてから

ペンギン=まさやになってます。

DSC_0977.jpg 


そして、ペンギンが空を飛びたいけど飛べないって思ったことなかった。

ペンギンはご存知の通り、海鳥なんで空飛べないんだよね。



やっぱツバサ持ってるからには飛びたいんかな。

確かに切なそうに空を仰ぐもんなペンギン。

DSC_0978.jpg 

まあ、その分彼らは泳げるんだけど。

IMG_0845.jpg 

ちなみに

僕は

「どんな鳥になりたいか!?」

って言われて

アヒル

って言ったんだよね。確か。

理由は平和そうだから。

ガンガン行く射手座らしくないな。

コアラの要素が入っているからな〜。


まあ、信じないけどね。



次回は

ついに喜望峰!

アフリカ最後です。


読んでいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加中です。
良かったらクリックお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


思わず息をのむ。"テーブルマウンテン"から眺める絶景

DSC_0833.jpg  

喜望峰で有名な南アフリカの港町・ケープタウン


カフェやバーが良く似合う、アフリカ屈指のお洒落シティの背後には


どっしりと構える平らな山があります。


それがこの街のランドマーク


テーブルマウンテン

IMG_0910.jpg 

標高1000メートルちょっと。


3キロも続くという平な山頂が特徴的。


下から見上げると、山頂にはもくもくと雲が覆い被さっていて


何とも幻想的な雰囲気を演出します。


いわゆる”天空感”ですね。


RPGゲームだと、勇者の剣とかがありそうな感じです。


喜望峰と並んで有名なこの街の象徴に


ケープタウン観光第1号として、行ってきました。

DSC_0750.jpg 
(テーブルマウンテンは新・世界七不思議に指定されている)

ケープタウンの街中からテーブルマウンテンまではバスで移動。

IMG_0651.jpg 

本人たちが


「やばいぐらい晴れる」と自賛する晴天系女子2人のおかげで


天候は最高です。


僕とカンタ氏だけだったら暴風雨だったでしょう。

DSC_0857.jpg 
(今日もデンジャーです)




バスを乗り継ぎ、


山頂に登るためのロープウェイ乗り場入り口に到着。

DSC_0705.jpg 


DSC_0711.jpg 


乗り場の入り口からは


標高700メートル弱のライオンズヘッドも見えました。



ただし、ライオンの頭には見えぬ!

DSC_0694.jpg 


窓がグルグルまわるロープウェイに乗ること数分で山頂に。

DSC_0820.jpg 



DSC_0831.jpg 


DSC_0745.jpg 


ここからの眺めは期待を大きく超えていました。


"K点"ごえです。


4人そろって思わず


「すげー!」の一言。

IMG_0699.jpg 

ため息も、もれます。


なつこさんは興奮のあまりロボコップみたいになります。

DSC_0825.jpg 

わかります。


そんな気持ちです。

DSC_0818.jpg 

絵に描いたように綺麗な形をした湾。

ぼこっと隆起し、ひときわ目立つライオンズヘッド。

エメラルドグリーンに輝くビーチ。

IMG_0674.jpg 

DSC_0730.jpg 

あまりにアフリカ感がなさすぎる。


どっかの高級リゾート地のようです。


ワイハ?

 

期待値が低いときの方が心の揺れ幅が大きいってのはずるいですね。


今回はそれに相まって


長かったアフリカ縦断を終えた達成感みたいなのがありましたから。


思わず顔もほろんじゃいます。

IMG_0688.jpg 

そう!


これは限定版みたいなもんなんですよ。


あなた正解。

DSC_0749.jpg 

このTシャツはどこで売ってたんだろう。


日本人が着ている英語のTシャツも外国人からはこういう風に見られるんだろうか。


まあいいや。



こんな粋なものも置いてありました。



DSC_0810.jpg 

各国の主要都市からここまでの距離が示されています。

日本も

DSC_0811.jpg 

東京からの直線距離


14733キロ


数字言われてもパッとイメージがつきません。



来るところまで来たなって感じです。


わけが分からなくて


フュージョンさえしちゃいます。

DSC_0773.jpg 

フュージョンぐせがあるんですよね。僕ら。


そう言えば日本ではドラゴンボールの映画やるらしいですね。


「復活のF」めっちゃ観たいな。


フリーザ編が一番面白いもんな。


話がそれました。


DSC_0728.jpg 



前回投稿で

ケープタウンが

良い街だ。

住みたいぐらいだ。


って書いてたんですけど

その一番の理由はお洒落なところじゃなくて

コストパフォーマンスでもなくて

ランドマークがはっきりしているところかもしれない。


「この街にはこれがある!」っていう。

ここではテーブルマウンテン。


僕はそういう場所が好きですね。


どこの街でもあると思うんですけど。


規模はぜんぜん違うけど


盛岡における岩手山のポジションに似てるのかな。


きっとこの街の人は出稼ぎや旅で、


長期間外に出ている時


ふとテーブルマウンテンを思い出すんだろうな。

IMG_0707.jpg 


広がる絶景を前に


14733キロ先の故郷に思いを馳せた1日でした。



次回はペンギンを見に行く話です。


DSC_0838.jpg 



読んでいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加中です。
良かったらクリックお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

世界ランキング10位のケープタウンに到着

IMG_0647.jpg  

長かったアフリカ縦断もついに最後の国


南アフリカにやって来ました!


ナミビアの首都ウイントフックからバスに乗って


たどり着いたのは南西部にある港湾都市


ケープタウンです。

ウイントフックーケープ 

このケープタウンは


数あるアフリカの都市の中で、最も行きたい場所の1つ。


なにせ


有名な岬・喜望峰があったり


ペンギンがいたり


テーブルマウンテンが背後にそびえていたりしますからね。


でも元々、縦断するつもりもなかったし


諦めていたんで


ここに来れて、なんだか不思議な気分です。

IMG_0740.jpg 

僕はあんまり


ケープタウンの"街並み"自体には期待してなかったんですけど


めっちゃ


お洒落ですね。


IMG_0759.jpg 


IMG_0758.jpg 



ヨーロッパと比べても綺麗。


さすが"白人"の街


アフリカとは思えない。


想像以上です。

IMG_0751.jpg 

ここ、住めます。

 
いや、住みたい。


一目惚れしゃちゃいました。


香港ばりに好きですね。


街で見つけたお気に入りの看板がこれ!

IMG_0739.jpg 

ケープタウンを変えるために来たけど


ケープタウンが私を変えた。



なんだ

なんだ

なんなんだ。


変えてください!


まずこの人を。

DSC_0857.jpg


ケープタウンにきても、危険な男は健在です。 

IMG_0735.jpg 

と、いうか。


あとで知ったんですけど


この街


世界的な旅行クチコミサイト


「トリップアドバイザー」




の2015年人気観光都市ランキングで



堂々の10位なんです。
(ランキング詳細は→こちら



ちなみに1位はモロッコのマラケシュらしい。



う〜ん。



個人的にはケープの勝ちかな。


ケープがランキングに入っているのは


納得です


香港、イスタンブールあたりもいいな〜。


IMG_0776.jpg 

この街はお洒落なだけでなくて


総じてコストパフォーマンスが高いんですよね。


高そうなカフェとかでコーヒーを頼んでも


IMG_0734.jpg 


IMG_0640.jpg 

IMG_0754.jpg 

200円ぽっきりで


スタバのグランデサイズ級の量が楽しめたりします。


味ももちろん、美味い!


街には全然ゴミが落ちてないし


すぐ後ろにそびえるテーブルマウンテンもかっこいい。


料理に関してもいろんな国のラインナップがあって


安くて、美味しい。

IMG_0628.jpg  
(朝飯セット。200円くらい。)


DSC_0858.jpg 
(インドカレー。300円弱)

無駄に長くいたくなる街です。


でも。


アルゼンチンに向かうフライトまで


全然時間がないんで泣く泣く、急いでまわります。


まずはテーブルマウンテン!

DSC_0932.jpg 


詳細は次回!



読んでいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加中です。
良かったらクリックお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ