FC2ブログ
ブログ書いている人

リョウ

Author:リョウ
性別:男(28)
出身:岩手県盛岡市
2014年5月25日に日本を出発し世界一周中。
カナダでのワーホリを終えて、現在50カ国目のアメリカ!

応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
リアルタイム情報も発信してます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ランキング

これが見たくて、僕はカリブ海まで来たのだ。

121211123483.jpg 


ショートステイのトリニダーから


バスと同じ値段の乗り合いタクシーで向かったのは
(結局タクシーに乗りすぎて、バス乗ってねー。。)


リゾーチ地・バラデロ





アゲイン!

12121321.jpg 
(これまでの旅経路。王道のトライアングルルート)


キューバ旅の初日に訪れた時。


海賊が愛したカリブ海とは


どれほど綺麗なのかー。


カリブ海をバックに、ラム酒をぐいっと飲めば


どういう気持ちになれるのかー。



期待をバルーンのように膨らませ


もう体が浮くんじゃないかという心持ちで


空港に降り立ち


空を見上げては、嫌な予感を振り払い


ビーチに向かえば。。。。。




予感は的中


051312345791.jpg 


これが。。。カリブ海などと


間違っても


思いたくない。


ど〜んよりした景色が待ってた。



だから帰りの便まで


残りわずかな今回こそは


美しい、エメラルドグリーンの海を目にしたかった。



その願い、、、、





ようやく。。。






そこには本当に綺麗な



これまで



世界各地で見た海の中でも1、2を争うであろう



美しい浜が、あった。



これぞカリブ海!



どん!


121211123485.jpg 


浜にはパラソルやビーチチェアがたくさんあって


海沿いに林立する


飲み放題、食べ放題の格安オールインクレッシブホテル


に寝泊まりしているであろう


白人たちがラム酒飲みながら


くつろいでた。


121211123484.jpg 


絵に描いたようなバカンス


121213261.jpg 


まあ言うても2〜3月のキューバは暑いって言っても


20度程度。


さあ、海に入ろうじゃねーか!


って気温でもないので


数えるほどしか


海に入ってる猛者はいなかったけど。


猛者1名。


DSC_1522.jpg 


うーむ、寒そうだ。



まあでも、ここまで来たら


カリブ海に入ってみたいって冒険心があるのも確か。


ってことで


かるーい気持ちで入ったら





寒いよね!



カリブ海水浴は早々に切り上げて



近くのホテルのバーで



ラム酒カクテル、ダイキリ調達。


121211123482.jpg 


カリブ海を前に


ラム酒を飲んでやったぜ!


1212132681.jpg 


キューバ旅、最後に良いモノが見れました。


次からはまた、カナダブログに戻りまーす。



もうそろそろ、僕のワーホリビザも切れます。


結局


さて、いつ出発しようかな?って思い続けて


働いて


働いてー


そのうちに


韓国人同居人のブレッドが鍵をかけずに


◯んこしてたために


それを寝起きざまに見てしまったりしながら


1年経ってしまった。
(早く帰れば良かった。どうなってんだ韓国のトイレ教育は!?)



なかなか居心地いいんだよな。。。



バンクーバー!


まあ、もう少しだけ楽しみまーす。



読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加中。
クリックお願いします!

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサーサイト



キューバでギャング急増中!?

1112301.jpg 
 

思い描いたキューバそのものを感じることができた


居心地抜群の首都・ハバナより


世界遺産の古都・トリニダーへ。


1211123567891.jpg 


移動は1日数本運行のバスが一般的なので


出発前日、チケットを予約しようとバス停に向かうとー


バス会社スタッフ:「え?チケット?3日先までないけど、何か?」


この時期(2〜3月)は繁忙期のため


なんと


満席!!


それだけ寒いカナダやアメリカから


バケーションを取って遊びに来る人が多いってこと。


まあ航空券安いし。


マジか・・。


残り日数少ないし
遊びすぎにより


トリニダー諦めるしかないか


「高確率でキャンセル出ると思うから、あしたの朝来てみたら?」


うわ〜でたー


この適当っぷり。


この来てみたら?って軽い感じで


朝5時とかに起きなきゃならないんだよ。


しかも”高確率”って単語のあいまいさ!!


でも他に方法もないので、翌朝の運に頼ることに。


ナルシストも


「トリニダーには絶対に行った方がいいぜ!」って


半裸を誇示しながら、ごり押ししてきたし。

121112356708.jpg 

翌朝。


眠すぎる体にムチを打ちまくり這うようにバス乗り場へ。


ってナルシストに起こしてもらったけど。


何から何まで、良いヤツ過ぎる。




出発時刻より、数十分早い乗り場の外には人気がなく


ナルシストの車から確認できたのは


ゲートの前につけた1台の白いタクシーと


サングラスをかけ、ごりごりのゴールドネックレスをつけた


"チャラいけど何か?"の若モノ2人


そして、タクシーのドライバーとみられる素朴な中年男性の計3人。


彼ら、なにやらもめてる様子で


というか


親父狩りにでもあってるんじゃないかっていう


すごい剣幕でチャラい若者がドライバーを囲んでいた。


僕らが車を降り、彼らの横を通り過ぎようとすると


困り顔のドライバーが


「トリニダーに行くんだろ?バスと同じ値段で乗せてくよ」


待ってましたとばかりに、水を向けてくる。


うむ。


ただ、僕らもキャンセル待ち・運任せの身なので


タクシーで、しかも僕ら2人だけで公共バスと同じ料金だと!?


あ、あまりに安すぎる!!


怪しい?と、思いながら


「ほ、本当?なんで?」


心の底からにじむ"興味"を隠し切れない。


そこで現地人の目なら信用できると、ナルシストに相談すると


「のっちゃえ♬、のっちゃえ♬」



即答。


まじか?


ナルシストによれば、タクシーは本物だし。


バス待ってても乗れるか分からないんだから乗るべき。


危なくない。とのこと。


"ドライバーはお客さんを乗せて、ハバナに来たけど


午後までにトリニダーに戻らなければならない。


でも1人でも戻るよりは誰か乗せて戻って少しでも稼ぎたい”
らしい。



なるほど。



少し悩んだ結果。


チャラい若者は一緒に乗らなそうだし


このドライバーはいい人そうだったので


信頼して乗ることに。



タクシーでの移動は


素晴らしいほどに快適!


だまされたり、変なところに連れてかれることは一切なかった。


ドライバーは普通にいい人だ。


やっぱり見た目ってある程度参考になるんだな、と改めて思う。


それにドライバーを朝囲んでいたチャラい人たち。


彼らは


なんと


ギャング!らしい。


おいおい


なにもかも、見た目通りじゃないか。


彼らはドライバーに


「一緒に旅行客から金をふんだくろうぜ」と誘っていたらしい。


「金持ちの旅行者なら、タクシーでトリニダー行けるとすればバスの倍くらいだす。その交渉を俺らがするから交渉料をよこせ!」


とか言う話をしてたらしい。


良心が痛んだドライバーは頑にそれを拒否。


諦めないギャングに仕方なく、少しのお金を渡して事なきを得たらしい。


うーむ。


このドライバー。


人格者



前まではキューバには


ギャングなんて全くいなかったらしいけど


最近外国人旅行客が増えたことで


金儲けを目的に若者が徒党を組んで悪さしてるとか。


これもアメリカ国交回復の産物か。


まあどこの国でも、観光客を騙す人はいるけど。


こうやって変わっていくのかな。


少し残念だ。


そんな会話をしながら、そして居眠りしながら4時間。


到着のトリニダー。

1112304.jpg 

タクシーの運転手に


若者に取られたお金と、興味深い話をしてくれたお礼の意味をこめ


少しのチップを上乗せした運賃を払ってお別れ。


カナダで働く前は、旅人根性丸出しで


値下げ交渉上等!

チップ?そんなの最低限で!いや、なくてもいいでしょ?って感じだったけど


チップ文化どっぷりのカナダで働いてからは


少しのサービスにも当然のようにチップを払うようになった。


人は環境でこうも変わるのか、と驚き。


そして、これからの旅はすぐにお金なくなるんじゃないかという不安も。






トリニダーはハバナに比べると


本当に小さい。


11123411.jpg 


丸い石畳と、沖縄を思わせる赤っぽい屋根の家屋が並ぶ柔らかい雰囲気の街。


周りを山が囲んでるのも印象的で、簡単に言うと田舎。

1112313.jpg 

ハバナで当然のように走ってた


ビビットカラーのクラシックカーも


それほど多くなく


たま〜に地味な色のクラシックカーとすれ違うくらい。


この質素な街には派手な車は似合わないね。

1112310.jpg 

1112303.jpg 

1112302.jpg 
(高水準の教育で知られるキューバの学校。大学まで無料で教育を受けられるらしい。キューバの識字人工率は日本より上だとか)


見どころの教会とか、革命博物館は


丘の上にあって


タクシーを降りた場所からは

1112305.jpg 
(タクシーを降りたところにいたオジさん。タンクからバケツに向かって放水してた。何に使うのか?)


なだらかな坂道を十分ほど歩かないとならなかった。


なにせキューバは暑いから、少しの坂もキツい。


汗が流れる、流れる。


思わず、ビールに手が伸びる。

1112341.jpg 


1112306.jpg 
(ビールのつまみにハンバーガー30円くらいかな?美味しい。田舎だからかハバナよりさらに物価が安い気がする)


1112308.jpg 
(丘の上にあるサンティシマ教会。柔らかい色)

1112307.jpg 

 
革命博物館には


革命で使われた武器や、革命軍のメンバーの写真など


歴史を伝える資料が豊富にそろってる。


スペイン語読めないから詳しくは分からなかったけど


雰囲気は伝わってくる。

1112309.jpg 

11123412.jpg 

博物館には展望台があって


街の様子が一望できる。

1112311.jpg 


1112314.jpg 

1112312.jpg 


ハバナで時間使いすぎて、トリニダーは1泊しかできなかったけど


十分堪能できた。


ギャングっぽい人もいなかったし。


間違った方向のホストみたいな人はいたけど。


111234121.jpg 




読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加中。
クリックお願いします!

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

"ゲイぶり"のわらしべ長者!キューバ人がくれたモノ

123207.jpg  

ハバナ最後の宿として




大変、お世話になった




ナルシスト邸


123213.jpg 

123211.jpg 
(ナルシストくん)



ここの居心地が



良すぎた!



本来、1泊のつもりが



延泊してしまった。




旧市街の中心部にあるっていう




最高の立地条件にくわえ



一家の人柄が素晴らしい。



幼少期ゲームに明け暮れていた僕を


刺激する


プレイステーション4だってある。


もちろんやってないけど




それはいいとして




キューバに来て



何軒か現地人が提供する安宿「カサ」に泊まったけど


123241.jpg 


ここが一番。


カウチサーフィンや、Airbndのようにカサは場所によって


全然居心地が違う。




なにせナルシスト一家は英語が話せるので、コミュニケーションが取れるし
(キューバの公用語はスペイン語)


優しく、親切。


121112356704.jpg 
(ナルシストの奥さん。葉巻きが似合う)



僕らが少し風邪気味と聞けば



何も言わずにあったかいティーを作ってくれたり



美味しいご飯まで提供してくれる。


121112356701.jpg 
(短いパスタのような食べ物。売店で食べたパスタもどきの何倍も美味しい)


ナルシスト:「アツいから気をつけろよ、リョウ!」

121112356703.jpg 


僕:「了解」


「あちーーー!」

121112356781.jpg 

おい、おい。。


気をつけろよ。


こんな茶目っ気たっぷりなナルシストくん。







夜には


「親戚で集まって飲み会をするから!」



って家の前を"会場"に


ラム酒を飲んだり

121112356705.jpg 


次の目的地


世界遺産の街・トリニダに行くバスチケットを買うときは


1211123567891.jpg 


"送ってくぜ!"って


自慢のレトローカーで送迎まで買って出てくれた。


121112356706.jpg 
(後部座席は内側のドアの取っ手が壊れてるため、外からしか開けられないというレトロぶり)


優しすぎる




実際


涙もろさランキングでは


日本でも5本の指入るたけまりは


別れ際、泣きそうになっていた。


そんな


彼との思い出を大切にしたいと



ほんとうに



ほんとうに久しぶりに



思い立った



わらしべ長者


いつぶりだろうか


そうだ


忘れもしない


あの蒸し暑い夜。




ゲイぶりだ。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆
「企画わらしべ長者」とは 
 日本から5円玉を持って出発。先々の国で物々交換して最後の国までに何に変わっているかを楽しみます。これまでに19回実施。

経過は以下の通り。

日本・5円玉→①フィリピン・コインケース→②台湾・お守り→③香港、マカオ・ライター→④タイ・ブッダの置物→⑤ラオス・手織り布→⑥カンボジア・スカーフ→⑦インド・ヒンドゥー教関連の置物→⑧ネパール・ブッダの目のマグネット→⑨イラン風のポッド置物
→そして紛失
(改めて5円玉からスタート)→⑩トルコ・スプーン→⑪クロアチア・ロザリオ
→⑫イタリア・アジアゴの笛→⑬ベルギー・マティック家の絵→⑭オランダ・シカの角のペンダント→⑮モロッコ・サソリのキーホルダー→⑯イスラエル・イブラヒムじいさん家の置物→⑰エジプト・ピラミッドの模型→⑱パラグアイ・フクロウの置物⑲ペルー・小人の土器→⑳カナダ・和風ウインドチャーム

21キューバ=???

☆ ☆ ☆ ☆ ☆



前回のわらしべ投稿はさかのぼること10カ月ほど


ゲイ気味の方からいただいたもの





今思えば


彼は純粋をこえた120%のゲイだった。



そんな彼がくれた、この和風ウインドチャーム



123211346.jpg 


「これと何か交換して!」


ナルシストは僕の手にあるウインドチャームをしげしげと見るなり


「こ、これがジャパンなのか、そうなのか」と大興奮の様子。


いや、それはジャパンではないぞ。


少なくとも。そして、それはゲイから。。。


と言いそうになったけど


嬉々としてはしゃぐ彼を前に


そうも言えず


「カナダでもらったんだ」


それ以上の情報は与えなかった。



それでも


彼の喜びは半裸になる勢いで

121112356707.jpg 

「もちろん!」


そして


「キューバっぽいだろ」って


すぐさま選んでくれたものが


これ。



ああ


久しぶりなんで忘れるところだった




チェーーーーンジ!!

123211346.jpg

121112356708.jpg 


和風ウインドチャームが










↓ ↓ ↓ ↓ ↓









レトロカーの模型になりました。

1211123562.jpg 

1211123563.jpg 

上から見ても


1211123561.jpg 


お洒落。


ありがとう。


大切に持って帰ります。

121112356709.jpg 

12111235678981.jpg 

次は丸い石畳が特徴的な世界遺産の街・トリニダ!





読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加中。
クリックお願いします!

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

キューバ人はアメリカを待ってた?

 123215.jpg

ハバナと聞けば


文学好きにとっては


かの有名な


ノーベル賞作家・アーネスト・ヘミングウェイ!
僕はバナナを思い浮かべたがね


なにせ、このキューバの首都は彼が愛した街として有名。


たまに小説を読むくらいで


読書家とは言えない僕も


ヘミングウェイは知ってるし


いつだったか


この国が舞台の世界的ベストセラー「老人と海」も読んだことがある。


いや、目を通したことがある。


途中でー


投げ出したけど。


ものすごく短いのに。。。たしか200ページもない


今でも覚えてるのは


老人が巨大な魚を釣るってくらい。
Wikipedia見た方が情報量多いぞ


結局、そのあとどうなったか知らない。


そんなわけで彼のファンではないんだけど


ワールドクラスの文豪なだけに


ハバナに点在する"ゆかりの地"が観光スポットになってて


観光客が記念撮影しているもんだから


その前を通りすがるだけで


「ああ、ここがヘミングウェイの泊まっていたホテルね」


ってわかっちゃう。


そしてわかった途端に写真撮りたくなるのが


ミーハーってやつだ!

12331.jpg 
(ヘミングウェイが泊まってたホテル)

123341.jpg 
(ホテルの中にはヘミングウェイの写真がある)

市内には


ヘミングウェイが通っていたバーもあるらしいけど


そんなことより


カナダでできなかったウップンを晴らそうと
(路上で酒を飲むのが違法)

路上でビール飲みまくりたい派の僕はスルー。


それが、アル中ってやつだ

うるせ!




しかし、キューバは本当に不思議。


観光客向けにごり押しされてる2人。


ヘミングウェイ(アメリカ人)にしても


チェゲバラ(アルゼンチン人)にしても


生粋のキューバ人じゃない。


ゲバラに至っては国の紙幣や硬貨にもなってる。


日本で言えば、ザビエルやペリー、朝青龍が紙幣になってる感じだ。


それは許せないな。


これも「何でも平等」の社会主義国だからなのか。


123216.jpg 
(海辺を歩いてたら可愛い双子に出会った)

それに


街を歩いてて驚いたのは


想像してたよりも


アメリカとの国交回復歓迎モード


車にはさりげなくアップルのステッカー貼ってるし。

123205.jpg 
(アップルだけど、キューバカラー。愛国心は捨てないってことかな?)

奇抜とはこのことか?


とばかりに、ド派手なアメリカの国旗色の服を着た


ローカルな人たちも。

123206.jpg 
(実はキューバ人はアメリカ好き?と思ってしまう)


123208.jpg 
(キューバの旧国会議事堂。モデルはアメリカの国会議事堂らしい。似てる。本物みたことないけど)

なんだか


僕の中では建前上、アメリカと国交は回復しても


現地人にとってはまだ嫌悪感が強いのかな?なんて


思ってたけど、そんなこともなさそう。


まあ人によってだろうが。


かといって"革命のこと"や"キューバ"のことは誇りに思ってるよう。


過去は過去って割り切ってるのかな。


キューバは数少ない社会主義の国で


まあ平等なんだろうけど


実際、貧富の差はかなりあって


一部の裕福な人は


普通にiPhoneを持ってて


「アップルかっけー」とか言ってる。


僕らがお世話になった家の住民もiPhoneを持ってた。


キューバには他の国みたいに


ゲストハウスや安宿がなく、その代わり


政府公認で、現地人が有料で部屋を貸す「カサ」ってシステムがある。


123241.jpg 
("カサ"を営んでる家は、このイカリのマークが目印)

カサはホテルに比べると


料金も安く(1000〜2000円)


場所によっては


現地人と交流できて面白い。


お金を払うカウチサーフィンみたいだ。


僕らはハバナ滞在中


何軒か、このカサをまわったけど


一番印象に残ったのが


このもの凄く年季の入った車が停まってる家。

123213.jpg 
(奥に旧国会議事堂が見える。最高のロケーション)


123204.jpg
(あまりの年季にたけまりも呆然)


家主はこの人。

123211.jpg 


名をナルシスト


これが本名だから面白い。


「俺がナルシストだ!よろしく!」


って言われた時はさすがに冗談だろ。って思ったけど


家族もみなナルシストと呼ぶので間違いない。


ただ、ただ気さくで優しい彼は


まったくその一面は持ち合わせてないけど。


ナルシストは英語だから、スペイン語を話す彼らは


気にしてないんだろう。


そういえば、彼なんてiPhone持ってるだけでなく


ソニーが誇る家庭用ゲーム機プレイステーション4を持ってた。


自分日本人ですがさ、さわったことすらないのに


その上、超大型テレビで音楽ビデオを再生して


夜中にガンガン鳴らす。金持ち過ぎるで。


基本的に「カサ」を運営している家は


外国人通貨CUCを手にいれられるから裕福なんだと思う。


キューバの平均月収は2000円ほどと言うから。


外国人を一泊泊めるだけで月収分をまるまる手に入れられるなんて


夢のような仕事。


まあその分、かなりのお金を政府に払うみたいだけど。


そういうこともあって


このキューバのジャージを着てたこのお兄さんも


87654327341.jpg 


「仕事は少し前に辞めた。だって観光業でちょろっと働いた方が稼げる。国の仕事をしてもほーんの少ししかお金もらえないからね。馬鹿らしくなるよ」




アメリカとの国交回復で


色んな企業が入ってきて、これからたくさんのお金が動くんだろう。


そしたらこの現地通貨と外国人通貨システムも維持できないかも。


キューバも変わっていくんだろうな。


んで、


いつかナルシストも


名前変更する時が来るかもしれない。








読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加中。
どうぞ、クリックお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ハバナクラブをストレートで。

8765432734694474704.jpg   

喉が乾けば、もっぱらビール派だが


ここハバナには


ビールよりも安上がりで、酔える酒がある。


8765432734694474703.jpg 


キューバが世界に誇るラム酒・ハバナクラブ


8765432734694474711.jpg 

名前こそ聞いたことあるけど


キューバを訪れる前は


ハバナクラブなど飲んだことなかった。
(もしかしたらバーのモヒートなんかに含まれてたかもしれないが)

87659581.jpg 
(手前からラムを使ったカクテル「ダイキリ」「モヒート」)

でも、ここハバナに来たら飲まずにはいられない。


なにせ、どの売店を訪れても


日本で言う"ペットボトルのお茶"と同じ感覚で目にすることができる。

8765432734694474781.jpg 


公園のゴミ箱に


空になった瓶が置いてあったり

398211.jpg 
(ちょっとオシャレ)

大きな体の男が瓶のまま


海辺でどや!ってラッパ飲みしてたりする。


一部をのぞいてアルコール度数40度なのに。

 



ハバナクラブは地元の人からすれば高級だけど。


僕ら観光客からすれば、安い。


安すぎる


例えば3年ものは


ボトル(750ミリリットル)が400円くらい。


人気が高い7年ものでも600円なんか。


日本だと2000円ちょいくらいだから


3分1以下。


こりゃ〜、のんべえの端くれとしては試したくなる。


そこで一番有名な7年ものを購入。


まあ本場の雰囲気も加わって、美味しい。


ストレートだとキツいかな?って


キューバ・コーラとも混ぜてもみたけど

8765951.jpg 
(野球の絵が印象的なキューバのコーラ。ペプシも買えるけど、こっちの方が安い)


やはりストレートに限る。


1本瓶を買って、日に日にたしなむ程度に飲んでいたら


もう少し、キューバ生まれのラム酒について知りたくなり、


向かったのが


試飲もできる


ハバナクラブ博物館


8765432734694474707.jpg 


8765432734694474705.jpg 
 (入り口にあったモニュメント。子どもみたい?)

博物館に入場するだけなら


無料だけど、1階にはハバナクラブがたくさん置いてあるバーがあるだけで


8765432734694474709.jpg 


見どころも何もなかったので


500円のツアーに参加してみた。


8765432734694474713.jpg 


ツアーでは


ラム酒が作られる製造工程
(絞ったサトウキビを原料に蒸留するなど)


ハバナクラブの歴史なんかを説明してくれる。


昔使われていた機材なんかも見学できる。


8765432734694474714.jpg 


2階には


昔の街の様子を再現したジオラマ模型もあって


鉄ちゃんが夢中になるであろう鉄道模型も勢いよく走ってた。


8765432734694474710.jpg 

ツアー自体は30分くらい。


個人的には期待していたよりあっけない感じだった。


8765432734694474712.jpg 


しかもツアーの速度にあわせて移動しなければならないため


結構せわしなく、あまりじっくり見ている時間もなかった。


まあ最後に飲んだ試飲の味は良かったけど。


結局そこ!
(だったらボトル買った方が安い)

8765432734694474706.jpg 

結局、こういう工場みたいなので製造過程やら


歴史を聞くのはいいんだけど


見終わった後の試飲の印象が強すぎて


ほとんどそのことしか頭に残らないのは気のせいだろうか。


日本でも、昔サントリーの工場に行ったけど


今でも鮮明に覚えてるのは最後に飲んだプレミアムモルツ。


ウマかった。


でもまあ、特別の1杯として思い出に残るからそれだけでもいいか。


今回は結構真面目に書いたな。しかし。


書いてる途中、ハバナクラブ飲みたくなって


居酒屋行ったら


カナダでは30ドルもするのね。


思わず、マジか?って日本語で言ってしまった。


やはりキューバで堪能するべきです。


ハバナクラブ。




読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加中。
どうぞ、クリックお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ