FC2ブログ
ブログ書いている人

リョウ

Author:リョウ
性別:男(28)
出身:岩手県盛岡市
2014年5月25日に日本を出発し世界一周中。
カナダでのワーホリを終えて、現在50カ国目のアメリカ!

応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
リアルタイム情報も発信してます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ランキング

豚のお守り→???〜わらしべ長者③香港・マカオ編〜

DSC_2094_convert_20140708003350.jpg 
(男子街につながるジョーダンロード)


九龍を代表する繁華街「尖沙咀」(ちむさーちょい)の北側には


女性っぽいモノが多い「女性街」と、

男性っぽいモノがメーンの「男子街」 という2つのマーケットがあります。


地元民がこぞって集う両市場は、


物々交換の場としても、うってつけ。


そこで、香港生活も残りわずかとなった僕らは


男子街のある「佐敦」(ジョーダン)に足を運びました。


もちろん、わらしべ長者用の「豚のお守り」を手に。

(わらしべ、については企画段階1回目2回目



DSC_2105_convert_20140708003833.jpg 
(仮設テントみたいなところに、ずらりと出店が軒を連ねる)



DSC_2104_convert_20140708004235.jpg 




やっぱり、男子街なだけに「男」を感じるモノが目立ちます。


フィギュアとか


ゲームとか


電化製品とか…


「ジーザス」のお面とか


DSC_2113_convert_20140708004145.jpg 
(「あっレイ君!!」、じゃなかった)




店員のおっちゃんに

「ゴジラ」って言われても疑問しか残らない人形とか



DSC_2117_convert_20140708004056.jpg 


…明らかに、人型でしょう。

これ。

悪魔の実「ヒトヒトの実」、食べちゃった感じでしょ。

ゴジラ…


こんな感じで、楽しく「下見」は終了。

さて、本番!!

絶対に、いいものにかえてみせます。
 

「これと、何か交換して」

DSC_2142_convert_20140708001629.jpg 


DSC_2145_convert_20140708001845.jpg 


DSC_2149_convert_20140708002150.jpg


ぜんっぜん、ダメです。


主な反応は

▽「そんなのいらないよ」


▽「それのどこがいいの?」


▽「で!?!?」


▽ 無視




しまいには、変なおばあさんから雷を落とされました。


台湾では千円以上もする商品なのに

こんなにかわいいのに

DSC_0756_convert_20140704071254.jpg 


商人の目は厳しい…。


商人は諦め、一般客にターゲットを移そうとしたその時

ライター屋のおにいさんが、優しく話を聞いてくれました。

「このお守りは、日本のコインから始まり…」(僕)

うなずく、おにいさん。

「最後どうなるか、わからない。夢があるでしょう…

だから交換して!!」



「いいよ。何がいい?何でもあげるぜ」

!?!?!?!?

おー、ジーザス  !!!


ただし、ライターに限る。

お土産っぽいモノが望ましいが、背に腹は代えられない。

そこで

「ちぇーーーーーーーんじ」

DSC_2087_convert_20140708021837.jpg 
台湾風・豚のお守り、が





 


↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓









DSC_2175.jpg 
ハンナムスタイルのライター

になりました。


頭のところがスライドして、火がつきます。

店頭販売価格は約600円くらい。

これだけみれば、価値ダウン!!ですが

そんな時もあります。次が勝負です。


DSC_2157_convert_20140708002822_convert_20140708003302.jpg 
(交換に応じてくれた、香港生まれ37歳のおにいさん【59】)


 
DSC_2154_convert_20140708001515.jpg 
(交換前の写真ですが、交渉成立がうれしすぎて先に撮ってしまった)


ひとまず、交換ができて

ホッと一息ついていると、

近くでケンヤ君が楽しそうに

買い物をしていました。

ニヤニヤしているので、何を買ったのか聞いてみると



DSC_2182_convert_20140708001417.jpg 



「これやばくない!? 

ウサマ・ビン・ラディン氏のトランプ。

みんな、ほしいでしょ。

お土産に買ってきたわ。家族とか、どうだろ?」





冗談だろ!?







今回も読んでいただきありがとうございます。
 ブログランキングに参加中です。
クリックで点数が入る仕組み。
 下のバナーをクリックしていただければ、うれしいです。
スマートフォンの方はPCビューでお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑
みなさんの応援がひじょ〜に力になります。







スポンサーサイト



マカオで「大・小」に挑戦

 DSC_1595_convert_20140707090025.jpg


香港からフェリーで、わずか約1時間 (片道170香港ドルくらい)

上陸しました。

世界最大のカジノ都市、

中華人民共和国の特別行政区マカオ

makao.jpg 


独立「国家」ではありませんが、法律や経済などが中国本土と異なり

はたからみれば、1つの国。ということで4カ国目!!

20を超えるカジノと、市街地に集中する

世界遺産「マカオ歴史地区」(8つの広場、22の建物)

が有名。

街には、ポルトガル植民地時代の影響が色濃く残り、

歩けば、西洋と中華がごちゃ混ぜになっていて変な感じです。

美しい街並なのに、中国独特の食材の臭いが鼻をついたり…

そして、世界遺産の管理の テキ トーぶりに驚きます。

普通に落書きされてたりします。

DSC_1651_convert_20140707090147.jpg 
(世界遺産、セナド広場)

DSC_1824_convert_20140707085708.jpg 
(セナド広場の夜)

DSC_2056_convert_20140707090232.jpg 
(『世界一』のバンジージャンプに挑戦できるマカオタワー。高さは338メートル)

DSC_1779_convert_20140707085841.jpg 
(世界遺産、モンテの砦からの眺め)

DSC_1802_convert_20140707085758.jpg 
(世界遺産、聖ポール天主堂跡。差し込む夕日が綺麗)


DSC_1811_convert_20140707090315.jpg 
(マカオ名物エッグタルト。と謎のスマイル【57】)


DSC_1719_convert_20140707090402.jpg 
(サクッとしたキジの中にプリンみたいなのが入っていて、おいしい)

さて、

マカオの町歩きもそこそこに。

やはり、ここに来たらカジノでしょう。

DSC_1902_convert_20140707085623.jpg 
(ギラギラと輝くゴージャスな建物。グランドリスボア。最も有名なカジノの一つ)

ただ、初心者でルールも知らない我々が単独乗り込むのは

危険。そこで、頼もしい助っ人に来てもらいました。

マカオから「新幹線」で約1時間という中国本土に住む

高校・大学の同級生

ヒデヒコ

DSC_1997_convert_20140707085441.jpg 
(若干、太りましたが爽やかぶりは健在。【58】)

ヒデヒコは東京に本社がある貿易会社に勤める26歳

4人兄弟の長男で盛岡市出身

中国暮らしは昨年10月からで、それまでは

会社のお金で一年間、中国に留学していたそう。うらやましい。

ただ、現在の勤務地では

従業員1千人のうち日本人は2人といい、「寂しい」そうです。


デュエルマスター・ヒデヒコがいれば百人力。

僕たち3人は勢い良く「たたかいの場」に乗り込みました。

カジノには、ブラックジャック、ポーカー、スロットなどさまざまな

ゲームがあり、カケル額によってフロアが分かれているよう。

最低レートは3千円くらい。けして安くありません。

ただ、僕には  どうしてもやってみたいゲームがありました。

深夜特急に登場する「大・小」
 

主なルール

ディーラーが、全自動で容器に入った3つのサイコロを回し

出た目の合計が

大(11〜17)か、小(4〜10)か、を当てるというモノ。

ぞろ目(111、666など)や、サイコロの目、

合計数字を当てる楽しみ方もありますが

やっぱり男は、1か0

大か、小かで、いざ勝負!!






大が3回も続いているから「小だ」!!


「大」(正解)


なに!!

ここは裏を取ってさらに「小」!!


「大」






本当に

夢中になりました

熱狂しました

魔女みたいなディーラーににらみをきかせ、

「見えない攻防」も楽しみました。

しかし、結果は

ケンヤくん  ちょい勝ち(+2千円くらい)

ヒデヒコ       トントン

僕              ぼろ負け(−1万円くらい)


W〜H〜Y!!!


ぼろぼろになった僕は

2人に励まされながらビールを飲むことしかできませんでした

DSC_2083_convert_20140707090501.jpg 
(勝負の世界はあまくない。このろくでもない素晴らしき世界に、缶ビールのハイネケン)



さらに、不運 はかさなります。


街中で写真を撮っていたら…


踏んじゃいました。


誰かが、使ったあとのトイレットペーパー


は〜


今日は最初から最後まで


「大」にしてやられました。




くそ!!!




今回も読んでいただきありがとうございます。
 ブログランキングに参加中です。
クリックで点数が入る仕組み。
 下のバナーをクリックしていただければ、うれしいです。
スマートフォンの方はPCビューでお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑
みなさんの応援がひじょ〜に力になります。



あえて「ニセモノ時計」の勧誘についていってみた

DSC_1184_convert_20140706020909.jpg 
(せり出した看板が特徴的な香港の街並み)


香港は、歩いているだけで刺激的

道路側に無数の看板がせり出し、2階建てのバスが走り

中国人はもちろん黒人、白人、インド人…さまざまな人種が行き交います。


料理も、美味しい。



DSC_1161_convert_20140706024147.jpg 
(エビラーメン。麺は固めで、味はあっさり醤油味)


DSC_1167_convert_20140706024232.jpg 
(これまたエビが入った、シューマイ? コリコリ食感がたまらない)


DSC_1174_convert_20140706024318.jpg
(名物の小籠包)


DSC_1180_convert_20140706024711.jpg 
(黒酢ダレにつけて食べるのが、ツウでしょうか)




ただ、1つ頭を悩ませているのは

総じて物価が高いこと。


ご飯を食べれば、簡単に千円を超えます。


だからこそ、僕らは宿代を安く抑えるために

ここに泊まってます。

バックパッカーの間では有名な尖沙咀(ちむさーちょい)

ネイザンロードにある17階建てのビル

DSC_1188_convert_20140706020037.jpg 

チョンキンマンション

沢木耕太郎氏の「深夜特急」にも登場する安宿が集まった施設。

大都会香港の中心にありながら、1泊2千円以下で泊まれたりします。

ドミトリー6人部屋とかで、香辛料の匂いがしたり、ゴキブリも出ますが
(ケンヤ君はゴキブリがいると、眠れなくなります…)

なかなか良い宿です。

ただ、ここにも問題が…

多くの旅人が集まっているからか、

入り口には、「キャッチ」を目的とした

変な外人があふれていて、もの凄い勢いで話しかけてきます。

DSC_1123_convert_20140706021202.jpg 

「シャチョウさん」
「コンニチワ」
「アリガトウ」


まず、これで足止めしてきて

その後

①「ニセモノ時計、どう?」

ほぼ100%この流れ


断ると

②「ハッパは?マリファナは?」


さらに、まれに


③「チクチクは?」(意味不明)


もうね、犯罪の匂いしかしない、この人たち。

DSC_1134_convert_20140706021635.jpg 
(「どこよりも安く、ニセモノ売るぜ」。そう言って微笑む、バングラディッシュ出身、という男性【56】)


あまりにも何度も「ニセモノ」「ニセモノ」言われるので

僕たちは、「勉強」のために

興味あるフリをして一度ついていくことにしました。

キャッチの男に連れていかれたのは、マンションの一室。

「秘密の部屋」、らしい

DSC_1129_convert_20140706024000.jpg  

そして、イスに座ると、おもむろに

袋から

「高級ブランド」の時計を出し、並べ始めました。
 

価格は1900〜2500香港ドル(2万ちょい〜3万くらい)

当然、買う気がない僕たちは

時計を眺めたふりをして…

「高いよ。金ないって」

「…いくらならあるんだ」

ちょっと、僕が考えていると…

ケンヤくんがニヤニヤしながら

「まったくない」

すると、表情がいっきに曇り

「本当か」と3回くらい聞いてきました。

それでも

ケンヤ君は

「イエ〜ス」



「もういい、帰れ」

ちょっと怒っちゃいました。そりゃそうですよね。



『潜入』して

分かったのはニセモノ交渉は個室。

そして、時計自体はかなり精巧でした。

勧誘してくる男の多くは、バングラディッシュ出身らしい。

ちなみにニセモノと知って購入し、日本に持ち込んだりすると

法に触れるので、注意を。

そして、変な断り方をすると

相手の機嫌を損ねるので、注意を。

あと、基本ついていかない方がいいですね。

メイビー。


ケンヤくんの強気の対応。


なかなか、マネできません。




今回も読んでいただきありがとうございます。
 ブログランキングに参加中です。
クリックで点数が入る仕組み。
 下のバナーをクリックしていただければ、うれしいです。
スマートフォンの方はPCビューでお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑
みなさんの応援がひじょ〜に力になります。





香港100万ドルの夜景が凄すぎる!!

DSC_1408_convert_20140705031645.jpg 
(眼下に広がる光の世界。あまりの美しさに言葉を失った)




台湾から飛行機に乗ること約2時間。


到着しました。

3カ国目、
香港!!


中華人民共和国の特別行政区の一つで、面積は札幌市と同じくらい。

メーンの市街地は、海を挟んで

「香港島」と「九龍(カオルーン)半島」に形成されています。

さて、香港と言えば…

100万ドルの夜景

日本の函館市、イタリアのナポリと並んで世界三大夜景 とされます。

ここは「本当にそれだけの価値があるのか?」

確かめないわけには、いきません。

と、いうことで僕らは、2日間かけて

①僕らの宿がある九龍側から見た夜景

②海を挟んだ香港島から見た夜景

の有名スポットを巡ってきました。

もちろん
ケンヤくんと2人。
あ〜女の子だったらどんなにいいことか



まずは、近場の①から。

九龍の中心部「尖沙咀(ちむさーちょい)」の

ヴィクトリアハーバーで、香港島を望み

午後8時から毎日13分間開かれる屋外ショー

「シンフォニー・オブ・ライツ」

DSC_0945_convert_20140704172348.jpg 
(水面に、美しい「虹」が形成される)

DSC_0956_convert_20140704171403.jpg 
(建物から発する光線が闇を切り裂く。光と音が会場を盛り上げる)

DSC_1013_convert_20140704171257.jpg 
(観賞スポットは、カップルばかり。そうなりますよね)

さまざまな形の高層ビルによる光の演出がたまりません。

本当に綺麗で、ひきこまれます。

僕らは、これだけでもかなり満足。

でも、本当の美しさは②香港島にありました。



一番人気のスポット「ヴィクトリアピーク」



九龍側から香港島までは

スターフェリーで(片道2.5香港ドル・30円くらい)

DSC_1226_convert_20140705033422.jpg 

その後

オープン・トップバスという2階建てのバスに乗ります。

ピークトラム山麓駅まで。

さらに、登山列車「ピークトラム」に乗ります。

DSC_1330_convert_20140705033320.jpg 
(ディズニーランドのアトラクションなみに並んでいる)

終点のショッピングモールタワーをエスカレーターで乗り継ぎ



屋上に着くと


なんていうことでしょう!!


DSC_1547_convert_20140705031557.jpg 

DSC_1523_convert_20140705031518.jpg 

DSC_1496_convert_20140705032545.jpg 

DSC_1550_convert_20140705031938.jpg 
(光の世界で見つけたスマイル【55】)

DSC_1387_convert_20140705031429.jpg  


壮麗そのもの。言葉になりません。

これまで見た、夜景の中で間違いなく一番。

カメラに取り込む光の量で、静止画の明るさが違いますが

とにかく、明るい。

空は、青く、星は見えません。

輝く高層ビルと、それに囲まれた海とのコントラストが

はなやかな美しさを織りなしています。



僕が

ぼんやりと豪華なナイトビューにみとれ…

「すげえ」「やばいな」などと、つぶやくと

隣のケンヤくんは、ビールとウイスキーを飲んで既にほろ酔いで



「そりゃ、なにせ100万ですからね」

「プロポーズなんか、ここでやればいいんじゃないですか」

「絶対成功するよ、がはは」




なんだか、



安っぽく聞こえるのは気のせいでしょうか



今回も読んでいただきありがとうございます。
 ブログランキングに参加中です。
クリックで点数が入る仕組み。
 下のバナーをクリックしていただければ、うれしいです。
スマートフォンの方はPCビューでお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑
みなさんの応援がひじょ〜に力になります。