FC2ブログ
ブログ書いている人

リョウ

Author:リョウ
性別:男(28)
出身:岩手県盛岡市
2014年5月25日に日本を出発し世界一周中。
カナダでのワーホリを終えて、現在50カ国目のアメリカ!

応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
リアルタイム情報も発信してます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ランキング

バイバイ、カオサン!!〜わらしべ長者④タイ編〜

 DSC_4108_convert_20140714095735.jpg  


スに揺られること約11時間。


タイ北部の中心都市チェンマイに到着しました。


午後6時半くらいにバンコクを発ち、着いたのが午前7時くらい。


さすがに700キロの移動は長い。

大学時代によく使った東京から盛岡までの深夜バスを思い出しました。



車中、僕は基本的に爆睡でしたが、

風貌に似合わず繊細なケンヤ君は

「トイレが汚い」とかで、眠れなかったそうです。


chenmai+12_convert_20140714094500.jpg 



移動続きで、大変ですが


今は、コーヒー飲みながら東側の国・ラオスに向かうための移動手段を検討中。


DSC_4106_convert_20140714100716.jpg 
(到着して、すぐ撮影。左上のスタバにいます)


「どうしましょ?」

ケンヤ君が隣で爆睡している間に、 ゆっくり考えます。




さて少し、時間を巻き戻してバンコク去り際の話。


忘れずにやってきましたよ。


「わらしべ長者」(現在4回目)


今回の相手は6日間、お世話になった宿のイケメン店主


ネパール出身のマナ


DSC_4068.png 
(常に親切、かっこよすぎのマナ【65】)

マナはネパール・カトマンズ出身の40歳

ここ、カオサンでは12年間、宿経営の仕事をしているといいます。

ネパールからタイまで来るのは「簡単」らしく、ここをビジネスの場に

選んだとか。4階建ての宿は1階が飲食店で、

彼はそこで寝泊まりしています。自身が「門番」みたいなものです。


毎日夜遅くまで、ご苦労様です。



ここで、早速交換!!

僕が香港で手に入れた

ハンナムスタイルのライター

と…

「ちぇーーーーーーーーんじ」

DSC_2175.jpg 







↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓







DSC_4110_1.png 
タイのブッダ置物になりました。



DSC_4049.png 




ハンナムスタイルを知っていたマナは

僕のお願いを快く承諾。


でも、マナからもらったモノも「次の国でチェンジする」と伝えると





「俺は良いものをあげるから交換しないでくれ」


と初めは納得していませんでしたが


「わらしべ企画」を説明すると、なんとか分かってもらえました。


大切なモノをくれたのに、ごめんなさい。

必ず良いモノに代えてみせます!!


DSC_4083_convert_20140714101322.jpg 


この宿ともお別れ


DSC_4093_convert_20140714100117.jpg 
(共有のトイレと、浴室。洗濯してもすぐに自然乾燥する階段付近)


ルームメイトともお別れ



DSC_4087_convert_20140714100320.jpg 
(2年間旅を続けているというイタリア人のフェデリカ。イタリア行ったら案内してくれるらしい。あざす)


サソリ売りおじさん、ともお別れ



DSC_2910_convert_20140714110600.jpg 
(「サソリ最高だぜ」)



バイバイ


カオサンロード!!


初めまして


チェンマイ!!




今回も読んでいただきありがとうございます。
 ブログランキングに参加中です。
クリックで点数が入る仕組み。
 下のバナーをクリックしていただければ、うれしいです。
スマートフォンの方はPCビューでお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑
みなさんの応援がひじょ〜に力になります。



スポンサーサイト



「お酒が飲めない日」に、僕らは決意した

DSC_4021_convert_20140713114713.jpg 
(朝飯。コンビニで合わせて150円くらい。タイの物価的にはそこそこ高い。ここは宿の1階)


「モーニング」

遅く起きました。

いま、午前10時。

日本時間で、正午です。

クリームパンかじりながら眠い目をこすり、パソコンに向かってます。


僕の部屋の人たち、みんな寝てます。

パンツ一丁のケンヤ君も。

カオサン生活6日目、居心地が良過ぎてトロけそうです。

ぼったくること当たり前・トゥクトゥク運転手も

「こいつら見たことある」

と、それほど高い値段を吹っかけてこなくなりました。

でも、さすがにこのままはマズい

一歩を踏み出さなくては。


そんな重い腰を上げるきっかけを与えてくれたのが昨日。

夜になったんで、お酒を買いに

セブンイレブンに行くと…

DSC_3935_convert_20140713115500.jpg 

販売中止

買えませんでした。

WHY!?

調べてみると

7月12日は、タイの仏教行事

カオパンサ(安居入り)

僧が3ヶ月の修行を開始する日で、酒の販売禁止らしい




夜の街を歩いても、いつもの熱気はそのままに

表向き、酒は売ってません。

DSC_3962_convert_20140713115137.jpg 



DSC_3948_convert_20140713115612.jpg 
(そうかも、しれない)

DSC_3967_convert_20140713115238.jpg 
(ドリアンを切るオジさん)


DSC_3970_convert_20140713115351.jpg 
(きれいにサソリを並べるお兄さん)

DSC_3951_convert_20140713115816.jpg 
(てんこ盛りに並べるサソリ売りオジさん)

DSC_3952_convert_20140713115713.jpg 
(雰囲気はあるんだけど。やっぱり売れてませんでした)

街の変化、を期して


僕らは待ちました。

アナログ時計の数字が0:00になり、

飲酒「解禁」になる瞬間を。


1人カウントダウン












DSC_3988_convert_20140713123630.jpg 

「かんぱーーー…」

!?!?!?!?!

日付をまたいだ瞬間の「乾杯」

を想像していたわけなんですが

みんな、何事もなかったように飲んでました。

DSC_4003_convert_20140713114857.jpg 
(どんだけ、飲むんですか?)


数時間前まではビールとか並んでなかったはずなのに…

フライングで飲んでいる人も多かった。


規律が厳しいのか、厳しくないのかよくわかりません。

ただ、0時をまわってからは表向きに酒の販売が始まり

街の「熱」が高まったのは、確かです。


ようやく酒にありつけた僕らは

無駄に、ウオッカとか飲んで酔いしれました。


ケンヤ君がナイトクラブで、踊りまくって泥酔したのは内緒です。


さて、

機は熟しました。

「そろそろ修行に出なければ」という気持ちになりました。


今日、バスで約700キロ北の街、チェンマイに向かいます。


もう少し、シャキっとします。


では、顔を洗ってケンヤ君を起こしてきます。





今回も読んでいただきありがとうございます。
 ブログランキングに参加中です。
クリックで点数が入る仕組み。
 下のバナーをクリックしていただければ、うれしいです。
スマートフォンの方はPCビューでお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑
みなさんの応援がひじょ〜に力になります。

















安くて快適!?自転車でアユタヤのゾウに乗りに行こう

 DSC_3576_convert_20140712025231.jpg 

タイのお土産屋で

お釈迦様と同じくらい目にするのが、ゾウの置物。

「買って、買って」と、商品片手に近寄ってくる店員を

何度も見ていると、急に本物に会いたくなりました。

そこで、「ゾウ乗り体験」で有名な世界遺産のまち

古都・アユタヤに、バンコクから列車で向かうことにしました。

DSC_3280_convert_20140712022411.jpg 
(アユタヤ駅。バンコク・ファランポーン駅から約1時間40分ほど。料金はクーラー付き指定席の2等で340バーツくらい。中央は、トゥクトゥク運転手)

駅に着いたら、まずは移動手段の確保。

最も安い方法を探します。

粘り強く勧誘してくるトゥクトゥク運転手をかわし、

周囲を散策すると、非常に安くて便利なモノを見つけました。

その名も

チャリンコ

トゥクトゥクが3時間、500バーツ(交渉済み)なのに対し

自転車は1人40バーツ。

しかも、貸し出し店員によると

アユタヤの見所は固まっていて、巡っても5キロくらいとか。

これは、サイクリングで決まりです。
 
DSC_3317_convert_20140712022753.jpg
(空は晴天。日差しがじりじりと照りつける、サイクリング日和)

駅でもらった地図をたよりに、自由気ままに

主な観光名所をまわります。

「旅のおとも」は、カゴに入れた1リットルの水(20バーツ)です。

DSC_3420_convert_20140712023336.jpg 
(レンガで造られた遺跡が、あちこちに点在する)


DSC_3478_convert_20140712025927.jpg 
(アユタヤを代表するワット・プラ・マハタート。仏頭が樹林に包まれている)


DSC_3401_convert_20140712023201.jpg 
(頭や腕がない仏。レンガの壁にそってずらりと並ぶ)


DSC_3613_convert_20140712023659.jpg 

DSC_3532_convert_20140712025751.jpg 

DSC_3470_convert_20140712030115.jpg 

バンコクでみる「ワット」とは、ひと味違ったおもむきを感じます。

レンガに覆われた遺跡の中にいると、タイではない別世界にいるみたいです。

この人は、

一瞬、本当に別世界に入りました。

DSC_3436_convert_20140712031022.jpg 
(頭にペットボトルを乗せ、たたずむケンヤ君。
ふと、「頭にモノを乗せて運ぶ民族の気持ち」を知りたくなったらしい)


ある程度まわった後は、お目当てのゾウの場所へ。

DSC_3631_convert_20140712023842.jpg 
(悠々と路上を歩く。白くて牙のあるゾウもいた。なが〜い鼻を伸ばしながら、進む)


DSC_3562_convert_20140712024941.jpg 
(ゾウ使い)


DSC_3690_convert_20140712024224.jpg 
(ゾウ乗り場の近くでは、ショーが開かれていた。2足歩行するゾウ。初めてみた)

早速、ゾウに乗ることに。

料金は1人400バーツ。少し高いですが

貴重な経験なので。

DSC_3752_convert_20140712024016.jpg
(ゾウの上から。ゾウ使いは足で、耳の裏あたりを踏んだりして操っているみたい。歩くたびに左右に揺れるけど、乗り心地はいい)


DSC_3780_convert_20140712024421.jpg 
(ゾウに乗って、大興奮)


目的を達した僕らは、

帰りは節約してクーラーなし自由席の3等激安列車(20バーツ)で。


DSC_3860_convert_20140712030455.jpg 

出逢いは最後にあるもの。

たまたま隣の席に座ったのが

中国人のエリック(イングリッシュネーム)

DSC_3867_convert_20140712032701.jpg 
(休みを使って一人旅を満喫していたエリック【64】)

エリックはバンコク在住の25歳。

シカゴでの留学を終え、今年から金融関係の仕事をしているらしい。

オジさんが岐阜県で働いていたこともあって

10年前に日本に来たことがあるらしい。


エリックはすごくおしゃべり好きで、

「仕事、家事、ジムでのトレーニングで毎日時間がない」

と嘆く真面目な好青年。

女の子の話題になった時に、ふと

鼻の下を伸ばしているように見えたのは

きっと気のせいです。




今回も読んでいただきありがとうございます。
 ブログランキングに参加中です。
クリックで点数が入る仕組み。
 下のバナーをクリックしていただければ、うれしいです。
スマートフォンの方はPCビューでお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑
みなさんの応援がひじょ〜に力になります。





「あなたは、泳げますか?」タイの小学生に聞かれた

 IMG_5821_convert_20140711063958.jpg 
(早朝からタイパンツをはいて、元気いっぱいの魚人系男子)

朝から
タイパンツ買ってはしゃいでます。

2枚で300バーツ(900円)。

僕が茶色、ケンヤ君が

柄は少し違うけど…

並んで歩くと、カップルみたい。気持ち悪!!


さて、本当は今日で別の場所に移動しようと思っていたんですが…

カオサン通りは居心地がよく、2泊延長しました。

もう少し、バンコクにいます。

何がいいかって、立地条件。

代表的な観光名所の「ワット系」まで、

徒歩で行くことができるんです。

と、いうことで次の目的地は前回見逃した

「ワットアルン」

DSC_2999_convert_20140711061203.jpg 
(影を強調すると、威圧感がすごい)

DSC_3054_convert_20140711062125.jpg 

DSC_3015_convert_20140711061342.jpg 

ワットアルンは

三島由紀夫氏の「暁の寺」の舞台らしい。
(残念ながら読んだことはありません)

どのくらい前に建てられたのか、定かではないけれど

300年以上前とか…

入場料は50バーツ(150円)。

ケンヤ君は「これは、相当古い。だって…」と有識者みたいなことを

つらつら語っています。

DSC_2939_convert_20140711060924.jpg 
(左から、ケンヤ、見ざる、言わざる、聞かざる)

聞かなかったことにして、進みます。

DSC_3019_convert_20140711061515.jpg 
(入り口には、やはり凛々しい銅像)

DSC_3029_convert_20140711061713.jpg 
(高い塔には大体、この人形が張り付いている。ケンヤ先生曰く「相当重要な役割をはたしている」らしい)

DSC_3032_convert_20140711061842.jpg 
(ワットアルンは途中まで登ることが可能。ただ、尋常ではないくらい急。数えたら60段くらい。塔の先端は高さ75メートル)
 

DSC_3058_convert_20140711062012.jpg 
(上から撮ると、こんな感じ。足がすくむ)

最後まで登ることができると…

黄色い布が張ってあって

DSC_3048_convert_20140711062735.jpg 

愛のメッセージを記すことができるようです。

ケンヤ先生曰く「ここに願いごとを書けば、必ず成就する」だそうです。


DSC_3067_convert_20140711062245.jpg
(さすが、先生。格好もさまになる)


塔の模様は、よーく見るとそれぞれの柄が少しずつ異なっていて

手作り感が伝わります。皿とかが埋め込まれていたりします。


こうして悠久の歴史を感じながら、周囲を散策していると

たくさんの子どもたちが集まってクイズゲームをしてました。


DSC_3091_convert_20140711062429.jpg 
(社会科の授業の一環らしい。有名人をあてるクイズ)

近所の小学校の児童。

少し授業風景を眺めていると…

先生が「学校の中、見る?」と誘ってくれました。

ラッキーです。

DSC_3132_convert_20140711062838.jpg 
(後ろをついていく)

DSC_3226_convert_20140711063551.jpg 
(グラウンドは見当たらない。ここがその役割なのか?子どもたちが運動していた)

DSC_3155_convert_20140711062946.jpg  
(4年生の学級。1クラス40人くらい。日本より少し狭い感じ)

DSC_3158_convert_20140711063059.jpg 
(「いただきます」のあいさつの代わりには、なにやら歌を歌う)

学校の中を快く案内してくれたのが

バンコク生まれ、教師歴25年のベテラン・ヤン先生(50歳)

DSC_3169_convert_20140711063852.jpg 

(子どもたちに配膳するヤン先生)

ヤン
先生によると、

3階建てのこの学校の授業は、午前8時から午後3時半まで。

一部の児童は午後4時半まで。

全校児童数は720人。

1年生から6年生のほか、3〜5歳の「幼児」もいるといいます。

DSC_3186_convert_20140711063423.jpg 
(幼児の部屋も見せてくれた。起こしたら申し訳ない)

タイは、結構英語が通じる人が多いと思っていたんですが

やはり、小学4年生でもう習ってました。

僕が聞かれたのが

この質問。

DSC_3175_convert_20140711063231.jpg 
児童:「Can you swim?」(あなたは泳げますか)

僕:「…Yes、I can」
(はい、泳げます)

その後、児童爆笑



なぜ、この質問なんだろう。

E58699E79C9F_convert_20140711075947.jpg 
(友人が書いた僕の似顔絵)


そりゃ、魚人系男子ですけど…

ワンピースのアーロンとか言われますけど…
子どもたちは理由を教えてくれないし…


考えることをやめました。


この子たち可愛いから、いいんです。

DSC_3182_convert_20140711063321.jpg 
(笑いすぎじゃないか、しかし。かわいいけど【63】)

また、別の国でも

同じ質問があるかもしれないんで…

面白いノリツッコミでも考えます。

英語で




今回も読んでいただきありがとうございます。
 ブログランキングに参加中です。
クリックで点数が入る仕組み。
 下のバナーをクリックしていただければ、うれしいです。
スマートフォンの方はPCビューでお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑
みなさんの応援がひじょ〜に力になります。





神様の前で露出のしすぎは、ダメ

 DSC_2898_convert_20140710001012.jpg 
(街中を歩けば、リスにも会える。そんな国・タイ)


タイの後は、北上してラオスに向かおうと思っていますが


その前に。


西側、ミャンマー(ビルマ)に興味があった僕は


ビザを取得しに行きました。


カオサン通りで会ったミャンマー人も茶目っ気たっぷりだったし…

DSC_2423.jpg 
(「日本人女性大好き」「愛しているってどういう意味?」と質問ぜめにしてくるミャンマー出身男性【61】)



申請のためのミャンマー大使館までは


タイの名物・トゥクトゥクで。


最初は400バーツ(1200円)と言われましたが、


交渉で150まで下げました。


DSC_2460_convert_20140710000758.jpg 
(値下げ交渉に応じてくれた運転手【62】)


DSC_2452_convert_20140710000648.jpg 
(「ブーン」とうなりを上げながら加速する。結構スピードでます)

30分くらいで到着。


DSC_2463_convert_20140710000906.jpg 
(ミャンマー大使館)

DSC_2478_convert_20140710001231.jpg 
(写真や、パスポートのコピーを請け負ってくれる場所。若干お金がかかります。ケンヤくんは写真とってました)


ビザ申請は何事もなく、完了。

受け取りは、当日希望が

約1200バーツ。翌日1000、5日後が800という感じ。

僕らは間をとって、翌日を選択。

なんとか、ミャンマーに行けそうです。


一安心で、次に向かったのが

まず

全長46メートル、高さ15メートルのお釈迦さま

がいる
「ワットポー」

DSC_2587_convert_20140710001328.jpg 
(とにかく、大きい。圧倒されます)

DSC_2595_convert_20140710001716.jpg 
(見下されています)

DSC_2598_convert_20140710001950.jpg 
(中には小さいバージョンもあり、祈りを捧げる人もチラホラ)


そして、その近くにある

「ワットプラケオ」

ここは、半ズボンでは入場できないので注意が必要。

あと、両替も基本できません。

ケンヤ君は、ロボコップみたいな女性スタッフに注意されて

長ズボンを200バーツ(600円)でかりてました。

カオサンなら、長いパンツを購入できる金額です。

「さいあくですよ〜」と、顔をくしゃくしゃにして嘆いてました。

地球の歩き方によれば、「肌を露出しすぎないように」だそうです。


DSC_2799_convert_20140710001508.jpg 
(黄金に輝く建物が映える)

DSC_2864_convert_20140710002138.jpg 
(凛々しい石像も印象的)

DSC_2770_convert_20140710013349.jpg
(塔の周囲を囲む人型?の像)



タイを象徴するそれぞれの場所は、

豪華絢爛。

日本にない建造物を目前に、

宗教色とともに、異国にいることを強く実感できます。


そんなことを考えながら

ふらふらと、バンコクを歩き回った僕らは

宿についてすぐ、眠りについてしまいました。

目を覚ますと、カオサン通りが騒がしい。

様子を見ると

DSC_2901_convert_20140710015031.jpg 

野外ライブやってました。

楽しそうなので、少しの間、会場の雰囲気を味わっていました。

そしたら



隣を見たら

DSC_2921_convert_20140710014756.jpg 
(タケコプターのように、帽子にパラソル)




! ? ! ? ! ?



パラソルおじさん、じゃなくて(雨は一切ふってません)


サソリ売りおじさん、じゃないですか!!


レンズを向けても気づいてないので、少し

様子を見ていると、

音楽聞きながら

DSC_2907_convert_20140710014928.jpg 

また、食べてました。3本も。

いや、それ商品ですよね??

そして当然のように、

売りかごの中のサソリは一切減っていなかった。

おじさんは途中で、僕に気がついて

サソリを勧めてきましたが

たべませんでした。


ちっとも、

お腹減ってませんでしたから



ほんとですよ。





今回も読んでいただきありがとうございます。
 ブログランキングに参加中です。
クリックで点数が入る仕組み。
 下のバナーをクリックしていただければ、うれしいです。
スマートフォンの方はPCビューでお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑
みなさんの応援がひじょ〜に力になります。