FC2ブログ
ブログ書いている人

リョウ

Author:リョウ
性別:男(28)
出身:岩手県盛岡市
2014年5月25日に日本を出発し世界一周中。
カナダでのワーホリを終えて、現在50カ国目のアメリカ!

応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
リアルタイム情報も発信してます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ランキング

旅が与えてくれたもの

0901780236891.jpg 

日本を飛び出してもう少しで1年半





今思い返しても





長い!!




短いようでーとかじゃないですね。




いったい、いつ日本で仕事をしていたんだ?っていうくらい遠い気がします。




海を渡ってそれぐらいいろんなことがあった。




ざっくり計算してみると、大体これまでに50カ国くらい行きました。




まあオーストリア(3日)とか超短期滞在国もあるけど。




たくさん行ったな〜。いやホントに行ったん?夢?って感じです。




未来ってのは本当に読めない。




僕の当初の旅の予定は10カ月。





滞在国も30くらいかな〜って予想してました。




だから、今の自分に驚きしかない。




日本を出る前の自分に教えて上げたい。





そんなん無理だよ。
と。




訪れる国、訪れる国でいろんな人にあって



情報を得て、行きたい国が増えていく。



頭の中で丁寧に描いてたルート案がぐちゃぐちゃになって



どうでも良くなる。



僕はこう見えて



慎重に物事を進めていく人間だったりするんです。



ルートもまあまあ練っていたり。




血液型A型だったり。




歯が抜けるのが怖くて、目が覚めたり。



幼少期から頻尿だったり。




でもそれ以上に旅中は出来る限り"制限したくなかった"



だから航空券も本当にギリギリまで買わなかったし。



買っても飛べなかったりするし。



飛べない航空券はただのゴミだ。



その結果。


ルートに入ってなかった国々で



鳥肌がたつような建物や

0901780232.jpg 
(イラン、エマーム広場)

0901780231.jpg 
(ドバイの街並み)

足が震えるような絶景に出会えた。

0901780233.jpg 
(エチオピア、エルタ・アレ火山)


0901780235.jpg 
 (パタゴニア、氷河)

そんな1つ1つの思い出がもちろん大切。




でもそれ以上に各国で出会った人




それがなによりの財産。



旅に出る前は想像もできないほどの人と友達になった。




こんなに英語で




誕生日おめでとう、と言われるなんて思わなかった。



そんなことを改めて、実感した28歳最初の日。

09017802368901.jpg  
(誕生日パーティー。あざす)

Facebookなどでメッセージをくれた方ありがとうございました。


帰ってこないんでしょ?とか


やめてください。帰るよ!!



でも、もう少しだけ


海外楽しみます!!





読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加中。
どうぞ、クリックお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト



ブログに感謝!

345543207.jpg 
 
ブログを始めて、1年半くらい経っているんですが


改めて実感。ブログの力は凄い。


いろんな方が見てくれています。


ありがとうございます。


まったく


しょうもない内容で


更新頻度が低くて



すみません。



少し前ですが


バンクーバーの市街地でバスに乗っていたら


日本人の女性の方が


「世界一周している方ですよね?」



本当に驚きました。


日本語で聞かれているのに


ビビりすぎて


I'm  sorry?


って言ってしまった。



その方は降りる直前だったので


ほとんど会話できませんでしたが。


日本だけでなく、世界各地の人が見てくれていると思うと


恐れ多くて




何も書けません。




本日も読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加中。
どうぞ、クリックお願いしますー












って.....マイケルです。

ジョーダンです。



文章短めのショート系オラオラブログですが


もう少しだけ書かせてください。



そんなブログの力。


1つは人と人を結ぶこと。


現に旅中はブログを通じて連絡をとり、会ったことも何度かあります。


でもバンクーバーに来てからはなかった。


そんな中、ブログを通じて連絡をくれた方がいました。


ワーホリでカナダ滞在中の大学生・マリノさん。

345543251.jpg 
(左から、マリノさん、ナオトくん、僕)


僕があまりに旅人感がないのはさておき


大学生の2人からいろいろな刺激をもらいました。


あっ僕は大学生じゃないですよ!


写真では同じ世代に見えたりもしますが、もう大分前ですからね。


戻れるものなら戻りたい!!


無理だ。



さて、2人の就活の話なんかを聞いていると


いろいろと思い出します。


幾度となく、さまざまな会社に祈られた日々。。。。(就活のことです)


僕も旅先の体験なんかを話しましたが


大した話ができず、申し訳ない。



さらに後日。


マリノさんが"寺巡りツアー"に招待してくれました。


ガイドはマリノさんの同僚・ダニエルです。

345543203.jpg 
(左からダニエル、マリノさん)

345543202.jpg 

このダニエルが面白い人。


カナダ人なんだけど敬虔な仏教徒でもあり、


宗教について造詣が深い。


顔のほりは無論深い。


髭は濃い。


ダウンベストが渋い。


さらに、まだ見ぬ憧れの地・ジャマイカに行ったことがあるということで


ジャマイカ情報満載。


僕にとって"興味深い"以外の何者でもありませんでした。



そんな彼の案内でバンクーバー中心部から南、


アジア系カナダ人が多く住むリッチモンド周辺のお寺巡り。


そこには、想像以上に


いろんな種類の寺がありました。

345543208.jpg 

345543210.jpg 

345543209.jpg 

3455432571.jpg 

中には、入ることができる寺も。

345543205.jpg 

もう、全然。

バンクーバー感がない。

345543206.jpg 

歩いていけるエリアにイスラム教、ユダヤ教、仏教.....


こんなのは見たことがありません。


道すがら、個性的な寺院を発見するたびに


これまで訪れた国を思い出しました。


うむ。


寺だけで言えば


ここだけでほぼ、世界一周できる!!


バンクーバーがどれだけインターナショナルか、


それを象徴しているようでした。


マリノさん、招待してくれてありがとうございます!


ブログがあたえてくれた出会いに感謝です。




読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加中。
どうぞ、クリックお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

中国系カナダ人の夢

231123342141.jpg  

世界一周の最中


「1つの国にとどまってみたい」「英語を勉強したい」と思い立ち


カナダ・バンクーバーに渡航。


当初の予定では今年の2月には日本にいるつもりでしたが


予定なんて未定。


なんだかんだで出発後1年半が過ぎようとしてます。


現在はワーホリビザを取得し、レストランで勤務。


好きな果物はスイカ。嫌いな食べ物は特にありません。



ふ〜。


たまには自己紹介的な文から書き始めたかった。ただ、それだけ。


最近はあまりにも"日常"すぎて、


特別、素晴らしい観光名所に足を運んだりだとか


そういうのはありません。


むしろ、レストランのほかにもう一つ仕事を増やそうかと考えてます。



大学時代、バリバリの体育会系部活に所属して


あんまりバイトしてこなかった僕としては
(餃子の◯◯という戦場で腰を破壊したのがいい思い出)


すべての経験が新鮮で面白い。


しかも海外。


同僚がカナダ人だったり、インド人だったり


サーバーの女の子がテレビで見るハリウッドスターみたいな金髪美女だったり


すげーことが起こってます。


だから何もせずに過ごす時間より何か仕事をして、経験を得たい。


そんな感じ。


帰国....先にのびそうですね。


キューバ、ジャマイカ、行きたい国もまだあるし。。。。


楽しみます!


さて、今回は面白い僕の友人を紹介します。


中国系カナダ人のコリー

23112334211.jpg 
(やぶけたスーツも似合ってる)

バンクーバー中心部に位置する高級アパレルショップで働いているアラサー男子。


そんな彼には夢があります。


「日本のアパレルショップで働くこと!」


なぜなら


彼がこよなく愛するブランドが日本にあるからです。


それが



コム・デ・ギャルソン

2311233421471.jpg 

彼のギャルソン好きは、凄まじいものがあります。


基本的に彼が着ている服という服


アクセサリー


一貫してギャルソン。


そうギャルソンおたくです。


凄いのは、カナダで買うと日本の約2倍の値段ということ。


どれだけ金を使っているんだ....


コリーのLINEの自己紹介文には


「コムデギャルソンが好きです」と日本語で書かれているくらいです。


凄まじい。


そんな勢いですから、当然夢にかける情熱も凄まじく


日本での就活に向け、絶賛日本語勉強中。


たびたび僕が英語を教えてもらって、日本語を僕が教えるという


言語交換を行ってます。


最近聞かれた単語は「ヤバい」


基本的に礼儀正しい彼は「ヤバい」はもの凄く悪い単語だと思ったのか


小さな声で恐る恐る聞いてきました。


「僕は聞きたい単語があるんだ。リョウさん。

あのー。これ、聞いていいのかな。

すごく悪い単語かもしれない。うーん。

『ヤバい』ってどういう意味。

よくテレビや僕が日本に行った時に耳にするんだけどー」



まず言いたい。


そんなに心配するほどこの状況、ヤバくはないぞ


仮に変な言葉だったとしても大きな声で言っても誰も理解できないから大丈夫だよ。


ここカナダだよ。


それほど彼は礼儀正しい。


僕があやまって Fucking tired なんて言うと彼は目を丸くして


それはあまり言っちゃいけない。などと注意してくれます。




しかし、彼の夢。ぜひとも後押ししたい。


世界をまわっていると車、電子機器、アニメ、料理....


いろんな側面で日本の影響力の強さを感じます。


ただ、なかなか外国人が日本に向かうのはハードルが高い。


やはりネックは日本語か。


ひらがな、カタカナ、漢字。


覚えなければならない膨大な文字に圧倒されるよう。


まあ僕なんか26文字のアルファベットに圧倒されますけど。



勉強あるのみですね。




読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加中。
どうぞ、クリックお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

同僚がラップバトルに出場するってよ!!

13252111213479909095403.jpg 
 
ワーホリビザを取得後




仕事を選ぶ上で、多くの選択肢がある中で




現地のレストランで働くメリットってのは



色々あると思いますが





僕が思うに、一番のメリットは同僚ですね。




ネイティブと親しくなれる!!



幸か、不幸か僕のレストランには日本人が僕しかおりません。




結果。




カナダ居住歴30年、強列なまりの英語を駆使する



インド人に、メッタンメッタンにしごかれているわけですが。



最近学んだ単語は「ramekin」


これ、小さい器のことなんですが


そんなもん






知らんがな!




さらに発音難しいし。




まあそんな苦労もありますが、その分好い事もあります。



同僚のアイスランド系カナディアン(親がアイスランド生まれ?)



カールソンがラップバトルに参加するってことで


行ってきました。


13252111213479909095405.jpg 
(同僚のカールソン。考え事している時もハイパーイケメン)


カールソンは日本の文化に興味があって非常に親切。


穏やかな性格で、変なお面を被るなど明らかに奇妙な"外人"である僕に


気軽に話かけてくれます。


アニメ好きということもあり、全くヒップホップ的な雰囲気は


感じませんでしたが



いざパフォーマンス見てみたら



普段と



全然違かった!


全くの別人!!


バトルは地元のパブで開催。

13252111213479909095401.jpg 


会場は"悪そうなやつは大体友達"とみられる


ゴリゴリのラッパーたちでごった返してました。


みなさん僕の2倍くらいの体躯です。

13252111213479909095402.jpg 

13252111213479909095404.jpg 

試合は1対1。


1ラウンド3分の3ラウンド制。


その間、全身を使ってそれぞれをディスリあいます。


カールソンは弟二試合に出場。


第一試合を見た感想。


普通の会話でもしんどいのに、


ラップだと信じられないほど早口すぎて


全然何言ってるか、わかんねー



ただ

「お前には母ちゃんがいない!」

「まるでお前の顔は60歳じゃねーか」

「見ろよ。ほとんど禿げてんじゃないか」



そんな感じ。


超攻撃的にディスっているのはわかりました。


見ていたら不安になってきました。


なにせ


僕の知っているカールソンはミュータントタートルズの話を


嬉々としてするような優しい男だからです。


ちなみにオレンジ色のバンダナ


ヌンチャク使いのミケランジェロが好きらしいです。


「やっぱ、ミケランジェロやろー」


意気投合しました。


僕が亀を飼っていることを伝えると、もの凄い食いつきでした。



そんな男です。


試合直前に話を聞くと


「昨日寝ないで練習したから大丈夫。まったく緊張してないぜ」


心配して申し訳ない。


彼はすでに戦士の顔だ。

13252111213479909095410.jpg 

ただ、相手は髪型からしてワルそのもの。


負けるなカールソン。

13252111213479909095411.jpg 


やはりカールソンは優しい男。


勝負服はセサミストリートのTシャツだ。


目に赤いバツ印を付け加えているだけ、かわいいものだ。


13252111213479909095413.jpg 

注目のラップ。

僕の知る穏やかな彼とは、ほど遠い。

13252111213479909095412.jpg 


ただ、かっこいい。


13252111213479909095407.jpg 

豊かな表現力、声の強弱、クールなリズム。


つぶらな瞳のクッキーモンスター(青いセサミストリートのキャラ)


ど素人の僕から見ても相手を圧倒してました。

13252111213479909095409.jpg 

相手のターンでもクールな表情は崩さない。

13252111213479909095415.jpg 

結果


カールソンの勝利!


僕は時間の都合上、一試合しか見れませんでしたが
周りのやつが話し通じなすぎて、帰りたくなった


非常に良い経験になりました。


ありがとう、カールソン。


またパフォーマンスを見せてくれ。



それまでに....



もう少し何言ってるか分かるようになります。



読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加中。
どうぞ、クリックお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


仮装してなんぼ。ハッピーハロウィン!

132521112134710.jpg 

10月31日は....




ハッピーハロウィーーーン



そんなわけで作ってみました。




カボチャの中身をくりぬいて




「ジャック・オー・ランタン」





トップ画は、それそのものです。



ご覧の通り。なかなか精巧に仕上がったわけですが



ほんの少しの間、放置したら恐ろしいほどカビがわき



さらに放置プレイを続けると、コバエ様の虫がわき



現在は恐ろしくて中がのぞけない状態。



今もなお!



玄関前にて禍々しいオーラと臭気を放っている模様。
めんどくさくて動かしてない


迅速な対応が必須です。ええ。


この投稿を書き上げたら処理します。多分。



僕とブレッドは互いに面倒くさがりってのが問題ですね。



まあ自分のことを棚に上げて言わせてもらうと


ブレッドの部屋はカオスです。


全然掃除をしていない模様。


テレビで特集されるゴミ屋敷の3歩手前くらいです。




ブレッド:「俺は綺麗好きなんだぜ」



出会ったころ、なんの自慢なのか


胸を張って言っていた言葉はうそです。


いや、150%勘違いです。


数日前、スーパーマーケットに二人買い物に行った際には


僕の提案でシリアルを一箱買いました。


「朝、忙しい時にすぐ食べられるからシリアル買っとく?安売りしてるし」


「俺、シリアルとか基本食べないしな〜。まあ...いいよ!仕方ない。兄弟のためだ」



そんな会話を覚えてます。




それなのに。



つい先ほど


例のシリアルを開封してみたら


すでに開封しておる。





さらに

半分ぐらいない!


牛乳も激減の様子。



これは・・・・・ミステリー!!




犯人は







あなただ!!


132521112134712.jpg 
(「スタバかっこよくね?」彼がコーヒー嫌いなスタバの店員です)


そんなブレッドくん。


今日もわんぱく元気です。



彼とカナダのハロウィンを存分に楽しみました。



日本でも一部の人やお店なんかでは、仮装を興じますが



さすがは本場カナダ。10月下旬にもなると街はハロウィン一色。

132521112134709.jpg 


休日は街の目抜き通りを会場に


昼間からパレードが繰り広げられてました。

1325211121347991.jpg 


1325211121347994.jpg 
(エヴァンゲリオン)

1325211121347997.jpg 

1325211121347995.jpg 

1325211121347993.jpg 

1325211121347996.jpg 
(????)


当初、僕は仮装について興味関心一切無し。

変装している人たちをカメラに収められれば満足ー。


そんな軽い心持ちでした。


でもブレッドが


「これは、俺の人生初の本格的ハロウィンになる。仮装するしかない。だろ?」


と、何度も何度も興奮をにじませながら


時には鼻息を荒くして言うので


当日が近づくにつれて


仮装しないとだめなんじゃないか?、と思うようになってしまいました。


きっとブレッドくんは


なんらかの暗示をかけていたのかもしれません。


恐ろしいやつだ。

132521112133.jpg 

そして


ハロウィン当日。


僕は職場のレストランに


300円で買ったマスクを持っていきました。


さまざまなマスクがある中


僕が選んだのは


ぬらりひょんみたいなマスク。


なぜなら一番気持ち悪かったから



132521112134701.jpg 
(隣はレストランのスーパーバイザー。サーバーの人はみんな仮装してましたが、キッチンでは僕だけでした。こんなんつけたら、何も作れん)


非常に恐ろしいマスクです。

132521112134702.jpg 


忍者や牛の格好をしたサーバーの女の子たちも


僕のマスク姿に声を失ってました。


誰も微笑んでくれません。


ただただ、不気味。


そんなマスク。


被ってるこっちは面白いんですけどね。




仕事終わって


ブレッドとカフェで合流。


現れたのは


すでに仮装した


ブレッド。


132521112134703.jpg 


この仮面をつけて、街中を闊歩していたみたい。


やはり


意識が高い


「スタバでもこれつけて5分くらい接客したよ。息が苦しくて諦めたけど」



意識が高い。



とりあえず、どこに行くか決めようか。

132521112134704.jpg 


132521112134705.jpg 

しかし


思った以上に似合ってるな。彼
132521112134708.jpg 

そしてついに


夜の街へ。



自分が仮装して歩いていたこともあって、あんまり写真撮れなかったですが



思ったよりは仮装している人いないなって印象。


チラホラって感じです。


でも仮面つけてるだけで


人気ものです。


みんな

「写真撮っていい?」

「写真撮ろうぜ!」



なんて言ってきます。

132521112134714.jpg 

132521112134715.jpg 

いつもと違う感覚。


楽しませてもらいました。

132521112134711.jpg  
(同じ仮面の人もいました。すっかり意気投合)

これぞ、ハロウィン。


やっぱり仮装してなんぼでしょう。


ありがとうブレッド。


132521112134713.jpg 
(直後、悲鳴が上がりました)

読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加中。
どうぞ、クリックお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ