FC2ブログ
ブログ書いている人

リョウ

Author:リョウ
性別:男(28)
出身:岩手県盛岡市
2014年5月25日に日本を出発し世界一周中。
カナダでのワーホリを終えて、現在50カ国目のアメリカ!

応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
リアルタイム情報も発信してます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ランキング

2年5カ月、51カ国を振り返る⑥

ルート5  

ケープタウンからこの旅で最も長い”空の旅”


約30時間のフライトの末、到着した


南米最初の国㊷アルゼンチン

DSC_1739.jpg


達也さんと、もえさんの3人で周遊。


アルゼンチン - 179
(世界の美容師・佐々木達也さんと、もえさん)

到着早々、ケチャップ強盗未遂にあったときは


いったいどんな国なんだよ?って思ったけど


その後は運良く危険な目に遭わずにすみました。



世界で8番目に大きな領土を誇るこの国は


南北に長く移動が大変。国内線に乗ったのはこの国だけかも。


まあでも、その価値があるほど数々の絶景が待ってた。



アウトドアブランドでおなじみのパタゴニアでの氷河トレッキング


06.jpg


三大瀑布で1番、南米でも1〜2を争う圧巻のスケール


イグアスの滝

写真 - 2177

アルゼンチンでは当時、自国通貨が安定してないため


アメリカドルとの闇両替が"常識”のように横行してた。


そのため、節約がマストな旅人は


アメリカドルを引き出すことを目的に


首都・ブエノスアイレスからフェリーですぐの隣国㊸ウルグアイ


の街「コロニア・デル・サクラメント」に向かうことも多い。


僕もそのうちの1人。


実際、ウルグアイにも興味あったけど。


コロニアはスペインとポルトガルの建築物が混ざっていて


レトロでオシャレの雰囲気がある街だった。

写真 - 3212


久しぶりに1人になったからか


ぼんやりと旅の終わりのことを考えて


切なくなったのを覚えてる。


結果的にその数分後、居眠りしたけどね。


僕にしては珍しく、天気が良かったし。


イグアスの滝を見た後は㊹パラグアイへ

写真 - 2303

ショータ君から"絶対に行った方が良い"と、勧められていた


民宿小林は噂に違わぬ最高の宿でした。


久しぶりの日本食に舌鼓を打ち、旅仲間たちと一緒に


ドッチボールしたり、釣りしたり、飲み明かしたりー


旅行中は毎日が休みみたいなもんだけど


それでも移動ばかりだと疲れがたまるもの。


アフリカも南米も治安が良いとは言えなかったので緊張しっぱなしだったし。


だから、なんだか夏休みのようだった。




DSC_2768.jpg


みんなと別れ、達也さんと二人。


バスで一気に


㊺ボリビアのウユニへ


誰もが知る絶景ウユニ塩湖。


鏡張りの奇景を観るには雨が必須だけど、僕らが行った4月は雨期の末期。


綺麗に見れるか、どうか微妙な季節だった。


雨男であるはずの僕は、雨を降らせると自信満々でしたが


ここではなかなか力を発揮できないと言う役立たずぶり


結果的に1週間以上滞在してなんとか見ることができた。

1234678910112351.jpg


ウユニの街自体、雰囲気があって


居心地がよく、正直もっと居たかった。


12346783.jpg



123467892.jpg


ウユニの次は、首都ラパスを経由してアマゾンへ。


アナコンダ、ワニ、ナマケモノ、ピラニア


動物園でしか見たことのない珍獣を野生で見た興奮は忘れない。


車に乗ってまわるアフリカとはまた違った楽しみがありました。


蚊にはもの凄い勢いで刺されたけれども。。


写真 - 2523



1222244607.jpg
(ワニ、デカい)




111114511.jpg
(木の上にいたアナコンダ)


僕はこのアマゾンにいたとき


ワーホリをしようと決めた。


そのまま陸路で北上して中米もしっかり行こうか?と迷ったけども。


何より、もっと英語が話せたらもっと今後の人生


楽しいだろうなって思いが強かった。


ちょっと旅に疲れていたし。お金もなくなってきてたし。


そんな思いを胸に、ラパスから長距離バスで
㊻ペルーへ。


123215610.jpg


首都クスコから、マチュピチュへ。


マチュピチュ村にたどり着くまでの線路は


最初Stand by me みたいだな!ってテンションあがったけど


122333409.jpg


後半結構キツかった。


遅いスタートだったのもあって辺りは真っ暗。


線路の間に落ちそうになった時はどうなるかとも思った。


その苦労もあってのマチュピチュ。



写真集で見た、そのままの世界がそこにあった。

12233345620.jpg

達也さんは、アンコールワット派だって言うけど


僕はマチュピチュ派ですね。


こんな周りになーんもないところに良くつくったな、と。


天空の城、ラピュタ的な。



1つ文句があるとすれば、アンコールワットもマチュピチュも


天気悪かったってこと。


そういう理由でいつかもう一度リベンジしたいね、どっちも。





つづく


ブログランキングに参加してます。
クリックお願いします!

↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




スポンサーサイト



Comment

非公開コメント